家路 作品情報

いえじ

震災後を生きる家族の、再生の物語

家路のイメージ画像1

福島県の小さな町に生まれた沢田次郎は、高校2年生の時、ある事件の罪をかぶって家を出、以来故郷に帰る事なく1人で暮らしてきた。そんな彼が、震災後、立ち入り禁止区域内にあり、誰もいなくなった実家にひとり帰ってきた。農業を営んでいた実家は、兄の総一が亡くなった父親から田畑を受け継いで必死に家を守ってきた。しかし震災以降、家に帰る事が出来ず、狭い仮設住宅での母、妻、幼い娘との生活を強いられていた。

「家路」の解説

東日本大震災によって故郷を失ってしまった家族が、さまざまな試練を乗り越えながら、絆を強めていく姿を描いたヒューマンドラマ。原発事故の影響で立ち入り禁止区域となり、先祖代々の土地を手放さなくてはならなくなった一家の苦労を描きながら、「被災地の物語」にとどまらせず、「家族とは」「誇りとは」「命とは」と観る者に問いかける普遍的な物語となっている。テレビドキュメンタリーを中心に活躍し、ギャラクシー大賞を筆頭にさまざまな賞を獲得してきた久保田直が初めてメガホンをとった。困難を乗り越える人間のたくましさを体現した松山ケンイチの名演はもとより、内野聖陽、田中裕子、安藤サクラらの卓越した演技力を堪能したい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年3月1日
キャスト 監督・編集久保田直
出演松山ケンイチ 田中裕子 安藤サクラ 内野聖陽 山中崇 田中要次 光石研 石橋蓮司
配給 ビターズ・エンド
制作国 日本(2014)
上映時間 118分

(C)2014『家路』製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「家路」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:13:55

広告を非表示にするには