武蔵野線の姉妹 作品情報

むさしのせんのしまい

ゴスロリ姉妹の繰り広げるナンセンスな世界

武蔵野線の姉妹のイメージ画像1
武蔵野線の姉妹のイメージ画像2

埼玉県某市、武蔵野線沿線のN座駅近くに建つ高級マンションでセレブ生活を満喫している美少女姉妹、緑川蘭子・通称ランと緑川ひかる・通称パンドラ。趣味のロリィタファッションに身を包み、怠惰な日々を過ごす優雅なニート生活を営んでいた。そんなセレブニートな生活に疑問を感じていたパンドラは、秋葉原のメイドカフェ“姫武者”で働くことを決意する。「我々、姉妹にとって働くということは最も犯してはならない罪!」と血相を変えるランだが、働くことで“リア充”していくパンドラの様子に戸惑いと反発を覚え始め……。

「武蔵野線の姉妹」の解説

Webコミックで2007年より連載が開始されて以来、“稀代の萌え絵師”と讃えられるユキヲが描く「武蔵野線の姉妹」を実写映画化。緑川蘭子【通称ラン】を演じるのは、役柄同様にヲタク文化に造詣の深いアイドルの加藤夏希。妹の緑川ひかる【通称パンドラ】を演じるのは「AKB48 27thシングル選抜総選挙」においてネクストガールズ入りを果たした仲谷明香。監督は2006年に山口雄大と共同監督で放った超絶スプラッタ『MEATBALL MACHINE-ミートボールマシン-』で多くの映画ファンを唸らせた山本淳一。(作品資料より)

武蔵野線の姉妹のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年11月17日
キャスト 監督・脚本・編集山本淳一
原作ユキヲ
出演加藤夏希 仲谷明香 中田ちさと 日和佑貴 小松彩夏 唐橋充 東亜優 氏神一番 長州小力 岩見よしまさ 藤井ペイジ 勝信 浜尾京介 小沢仁志
配給 アイエス・フィールド
制作国 日本(2012)
上映時間 91分

(C)2012 Yukiwo・フレックスコミックス/「武蔵野線の姉妹」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「武蔵野線の姉妹」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-20 14:22:34

広告を非表示にするには