戦火の馬 作品情報

せんかのうま

少年と馬の絆を描く、スピルバーグ監督作

戦火の馬のイメージ画像1

第一次大戦前夜のイギリスの農村。貧しい農家にひきとられた一頭の馬はジョーイと名付けられ、少年アルバートと固い絆で結ばれる。折しも戦争がはじまり、ジョーイは軍に徴用され、英国軍騎馬隊の軍馬としてフランスの最前線に送られてしまう。敵味方の区別を知らないジョーイの目に、戦争は愚かさで悲惨なものとして映るだけだった。その頃アルバートは、兵士となりフランス激戦地で戦っていた。奇しくも共に激しい戦場に身を置くこととなったアルバートとジョーイの運命は……。

「戦火の馬」の解説

巨匠スティーヴン・スピルバーグの待望の監督最新作。原作は1982年にイギリス人作家マイケル・モーパーゴが発表したもの。舞台版は、第65回トニー賞で5部門に輝いている。第1次世界大戦下の激動のヨーロッパを舞台に、戦火に引き裂かれてしまう主人公の少年アルバートとその愛馬ジョーイの、かけがえのない絆の物語がドラマチックに展開する。第84回アカデミー賞では、作品賞を含む6部門でノミネート。中でも撮影監督ヤヌス・カミンスキーによる詩情豊かな映像は必見だ。数々の戦争ものを手掛けてきたスピルバーグ監督が、戦争というキャンバスの上に、“絆”をテーマとした動物と人間の関係を抒情的に描いたところが興味深い。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年3月2日
キャスト 監督スティーヴン・スピルバーグ
出演ジェレミー・アーヴァイン エミリー・ワトソン デヴィッド・シューリス
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
制作国 アメリカ(2011)
上映時間 147分

(C)2011 DreamWorks II Distribution Co., LLC A All Rights Reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.6点★★★★☆、5件の投稿があります。

P.N.「ゆっき~」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2012-03-19

戦争物なのに、残虐シーンも流血シーンも全くない、スピルバーグらしい人間愛に溢れた映画です。何より、馬の美しさと演技にびっくりです。CGを使ってないと聞いて、もう一度観に行きました。確かに、話の筋はご都合主義で突っ込み所満載ですが、素直な気持で観ると(笑)本当に感動します。

最終更新日:2020-10-31 13:26:17

広告を非表示にするには