津軽百年食堂 作品情報

つがるひゃくねんしょくどう

背を向けていたふるさとで、本当の夢を見つけた。初代から四代目へ…受け継がれてゆく津軽の味と魂

弘前の蕎麦屋の長男・陽一は、大学進学で上京したが、就職に失敗し、アルバイトで毎日をやり過ごしていた。ある日、バイト先で同郷のカメラマン、七海と知り合う。壊した機材の弁償代わりにルームシェアを提案する。七海も陽一と同じように、今の生活に疑問を感じていたのだった。そんな時、陽一の父親が交通事故に遭ったと知らせを受ける。入院中、店を手伝うことになった陽一に、忘れかけていた蕎麦作りへの思いが甦る…。

「津軽百年食堂」の解説

森沢明夫の人気小説「津軽百年食堂」が、お笑い芸人・オリエンタルラジオの2人を主演に迎え映画化。故郷への複雑な思いを断ち切れない青年の心の成長を描いた青春ストーリー。創業100年を誇る老舗蕎麦屋の長男・陽一は、自己実現の思いを持ちながらも、家業を継がなかった事に対する後ろめたさが捨てきれない。しかし、家族のピンチを機に故郷と向き合った事で、進むべき道が見えてくるのだった。オリエンタルラジオ、映画初主演作品。故郷を離れて住む人なら誰もが持つ望郷への思いを、お笑い芸人の彼らが演じているのに注目。共演は、福田沙紀、伊武雅刀、藤吉久美子ほか。監督は『わが心の銀河鉄道~宮沢賢治物語』でも東北を描いた大森一樹。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年4月2日
キャスト 監督大森一樹
原作森沢明夫
出演藤森慎吾 中田敦彦 福田沙紀 ちすん 伊武雅刀 藤吉久美子 早織 前田倫良 永岡佑 秋本博子 春日井静奈 大杉漣 かとうかず子 野村宏伸 手塚理美
配給 日活+リベロ
制作国 日本(2011)

(C)2011「津軽百年食堂」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「しりうす」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2011-04-13

この映画を観ながら、この桜を見て、東北が元気になればいいとか、色んな思いが浮かんでくる作品だった。がんばろう東北!そう思って観る分には悪くないと思う。

最終更新日:2017-01-27 15:43:47

広告を非表示にするには