エクスペリメント 作品情報

えくすぺりめんと

1971年、6日で中止になった実在の“スタンフォード大学監獄実験”映画化

仕事をレイオフされたトラヴィスは、日当1000ドルという14日間の心理実験に参加する。その実験に参加したのは24名の男たち。実験の内容は、模擬刑務所内で参加者たちが看守と囚人に分かれて生活するというものだった。トラヴィスは囚人側となる。実験は24時間監視カメラによって観察され、暴力行為などがあった場合には即座に実験は中止されるものだと聞いていた。しかし、実験が進むうち、看守たちは囚人に暴力を振るうようになる…。

「エクスペリメント」の解説

1971年にアメリカのスタンフォード大学で行なわれた“スタンフォード大学監獄実験”をモチーフにして製作された本作。普段抑圧された生活を送っている人間が、看守という囚人を抑圧する側に回ったことで“規律を守るため”という名目のもと、冷酷な行ないを平気でするようになっていく姿は衝撃的だ。この看守役として凄まじい演技を見せるのは、オスカー俳優のフォレスト・ウィテカー。物語前半、中盤、最後の表情のコントラストに注目して欲しい。そして、もう一人のオスカー俳優、エイドリアン・ブロディが囚人役のリーダーを演じ、迫真の演技を見せている。監督はドラマ「プリズン・ブレイク」の企画・製作総指揮を務めたポール・シェアリング。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年12月4日
キャスト 監督・脚本ポール・シェアリング
出演エイドリアン・ブロディ フォレスト・ウィテカー キャム・ギガンデット クリフトン・コリンズ・Jr マギー・グレイス
配給 日活
制作国 アメリカ(2010)
年齢制限 R-15
上映時間 97分

(C)2009 BY MANAGEMENT ALL RIGHTS RESERVED.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「エクスペリメント」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-13 15:22:33

広告を非表示にするには