ジュリー&ジュリア 作品情報

じゅりーあんどじゅりあ

失敗も笑いに代えて、ボナペティ!

ジュリー&ジュリアのイメージ画像1

1949年、ジュリア・チャイルドは外交官の夫ポールの任地パリで、芸術的なフランス料理の洗礼を受ける。好奇心旺盛で食べることが大好きなジュリアは、大胆にも名門料理学校コルドン・ブルーのプロ養成クラスに飛び込むのだった。それから半世紀を経たニューヨークで、ジュリー・パウエルは夫エリックに励まされながら、ジュリアの著した料理本の全レシピを1年365日で制覇し、ブログに掲載することを決意する。

「ジュリー&ジュリア」の解説

アメリカの食卓にパリ仕込みのフランス料理で革命をもたらしたジュリア・チャイルドは、料理本の出版と共に一躍脚光を浴び、TVにも進出した実在の人気料理研究家だ。185cmの長身と甲高い声を持ち、決まり文句は「ボナペティ!」。メリル・ストリープが豪快さとユーモア、さらには時折見せる哀しみまで見事に演じ切っている。そして、何をやっても中途半端な自分に苛立つ姿が共感を呼ぶジュリー・パウエルもまた実在の女性であり、本作の原作者でもある。食べることが好きで、負けず嫌い、さらには素晴らしい夫という絶対的な味方に支えられた2人の女性の実話を映画化したのは『めぐり逢えたら』のノーラ・エフロン監督。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年12月12日
キャスト 監督・脚本・製作ノーラ・エフロン
出演メリル・ストリープ エイミー・アダムス スタンリー・トゥッチ クリス・メッシーナ リンダ・エモンド
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2009)
上映時間 123分

(c)2009 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、6件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-19

ジュリーとジュリア、文字通り二人の料理家のドラマが二本立てで交錯しながらドラマが進行して行く…。料理番組の憧れのスターとレシピにチャレンジする女性ファンのブロガーと言う、謂わば二つの個性がぶつかると一体全体どうなるのか?映画は其の夢を映像化出来るんだー。現実にはどんな困難と亀裂と誤解が生じようとも。映画「めぐり逢えたら」の監督ならではの演出が待ってるんだ?

最終更新日:2019-09-21 00:01:04

広告を非表示にするには