ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~ 作品情報

う゛ぃよんのつまおうとうとたんぽぽ

生きていれば、それでいいのです

戦後の東京で、才能がありながら放蕩三昧を続ける小説家・大谷を健気に支えて暮らす妻の佐知。貧しさを忍びつつ幼い息子を育てていたが、これまでに夫が踏み倒した酒代を肩代わりするため椿屋という飲み屋で働き始める。佐知は水を得た魚のように生き生きと店の中を飛び回り、若く美しい彼女を目当てに通う客で椿屋は繁盛する。そんな妻の姿を目にした大谷は、いつか自分は寝取られ男になるだろうと呟くのだった。

「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」の解説

先に弱音を吐いて開き直ってしまうのは自己防衛の本能であり、ある意味計算尽くだ。そんな究極のダメ男である夫の不始末を常に受け止め、現実的に対処してゆく妻・佐知を演じ、かつてない色香を放つ松たか子が女のしなやかな強さを見せて美しい。2009年に生誕100年を迎えた作家・大宰治の「ヴィヨンの妻」「思ひ出」「灯篭」「姥捨」「きりぎりす」「桜桃」「二十世紀旗手」をもとに、ベテランの田中陽造が松をイメージして書き下ろした脚本は、セリフに息づく時代の匂いと文学的な美しさが光る。大宰を髣髴とさせる狡いが憎めない大谷役の浅野忠信も好演。第33回モントリオール世界映画祭で監督賞に輝いた秀作。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年10月10日
キャスト 監督根岸吉太郎
原作太宰治
出演松たか子 浅野忠信 室井滋 伊武雅刀 光石研 山本未來 鈴木卓爾 小林麻子 信太昌之 新井浩文 広末涼子 妻夫木聡 堤真一
配給 東宝
制作国 日本(2009)
年齢制限 PG-12

(C)2009 フジテレビジョン パパドゥ 新潮社 日本映画衛星放送

ユーザーレビュー

総合評価:4.29点★★★★☆、7件の投稿があります。

P.N.「みみ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-11-19

もう一度観たくて、また映画館いきます!こんなに雰囲気溢れる、センス抜群の日本映画、もっとたくさんの人に観てほしい!


レビューを投稿する

「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-10-22 00:01:07

広告を非表示にするには