呪怨 白い老女 作品情報

じゅおんしろいろうじょ

一家惨殺事件。首を切られ惨殺された、かつての親友…。少女が絶望の中で見たものとは…?

ある家で、司法試験に落ちた息子が家族5人を次々と惨殺。自らも首を吊って死んだ。死ぬ間際に彼が録音したカセットテープには、「行きます。すぐ行きます…」という彼の声とともに、少女の不気味な声が残されていた。それは、今は高校に通うあかねが小学生の頃に親友だった未来という少女の声だった。未来は一家惨殺の被害者だったのだ。そして、幼い頃から霊感が強かったあかねの前に、黄色い帽子をかぶり赤いランドセルを背負った未来が姿を現す…。

「呪怨 白い老女」の解説

口コミで「とにかく怖い…!」「一生のトラウマになった!」と、その問答無用の恐怖描写で評判になり、今や伝説と化したビデオ版「呪怨」。その製作から10周年となる今年、「呪怨」の生みの親である清水崇×一瀬隆重の手によって、原点の恐怖に回帰した新たな「呪怨」が誕生した。ヒロインは、これが初の主演映画となるアッキーナこと南明奈。アッキーナスマイルで日本中に元気を振りまく彼女が得意のスマイルを封印し、恐怖のどん底に陥れられる。監督は、脚本家としても評価の高い新進気鋭の監督・三宅隆太。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年6月27日
キャスト 監督・脚本三宅隆太
出演南明奈 鈴木裕樹 みひろ 宮川一郎太
配給 東映ビデオ
制作国 日本(2009)
年齢制限 R-15

(C)2009東映ビデオ・CELL

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「呪怨 白い老女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-06-14 13:37:21

広告を非表示にするには