ボディ・ジャック 作品情報

ぼでぃじゃっく

気づいたら、自分の身体に侍の霊が?! ミドルエイジのリスタートを応援するスピリチュアルストーリー

かつて学生運動に身を投じていたコピーライターのテツは、ある日、自分に侍の霊が憑依していることを知る。その霊はこの世で人斬りをしている別の霊を探しているのだと語り、テツは無理矢理探索に巻き込まれてしまう。そんな中、テツの学生時代の先輩・ヨシオカが殺傷事件の犯人として報道された。テレビのニュースに映るヨシオカには、人斬りの霊がとりついている。テツは急いでヨシオカに会いに行くが……。

「ボディ・ジャック」の解説

光岡史朗の同名小説を映画化。勤皇の志士の霊にとりつかれた中年コピーライターが、霊の人探し付き合う中で大切なものや情熱を取り戻していく姿を描く。主人公のテツには元・男闘呼組の高橋和也、彼にとりつく霊にはキャスターから俳優に転身した柴田光太郎をキャスティング。2人の交わす独特な雰囲気のやりとりが面白い。またバーのママ役で美保純が特別出演している。監督は『自殺マニュアル』など多くの作品でプロデュースを務めた倉谷宣緒。『富江 re-birth』などを手がけた藤岡美暢が脚本を担当している。激動の時代を生き情熱を失ったミドルエイジのリスタートを応援する作品だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年10月25日
キャスト 監督倉谷宣緒
原作光岡史朗
出演高橋和也 柴田光太郎 安藤希 星ようこ 重泉充香 小林且弥 美保純
配給 太秦
制作国 日本(2008)
上映時間 93分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ボディ・ジャック」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:55:42

広告を非表示にするには