地球が静止する日 作品情報

ちきゅうがせいしするひ

人類と異星人のファースト・コンタクト描く、50年代古典SFの代表作をキアヌ・リーブス主演でリメイク

地球が静止する日のイメージ画像1

任務遂行のため、ロボットの“ゴート”を従えて地球に降り立った人間型異星人“クラトゥ”。政府や科学者たちが謎の解明に奔走する中、ある女性と義理の息子は、クラトゥの任務に巻き込まれていく。そして二人は“地球史上最大の危機”が、今まさに訪れていることに気付く…。

「地球が静止する日」の解説

『ウエスト・サイド物語』『サウンド・オブ・ミュージック』など数々の名作を生んだロバート・ワイズ監督によるSF映画をリメイク。ワイズ版でのクラトゥは人類に核兵器の放棄を要求したが、本作では環境破壊への警告へと変えられている。主演は、「マトリックス」シリーズ、『スピード』のキアヌ・リーブス。監督は『エミリー・ローズ』で世界中から絶賛されたスコット・デリクソン。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年12月19日
キャスト 監督スコット・デリクソン
出演キアヌ・リーブス ジェニファー・コネリー キャシー・ベイツ
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2008)

(C)2008 Twentieth Century Fox Film Corporation. [Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:2.09点★★☆☆☆、52件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-03-09

🛸何と云っても本篇はキャシー・ベイツ,ジェニファー・コネリー、キアノ・リーブスの演技力のensemble。近未来SF作品の醍醐味

最終更新日:2020-08-07 13:25:22

広告を非表示にするには