梅田優子の告白 作品情報

うめだゆうこのこくはく

ほんっと、男なんてしょーもない。でも、チヤホヤされたい

昼間は牛丼屋、夜はセクシーキャバクラで働く梅田優子は、負けず嫌いで勝ち気な性格。「男なんてしょーもない」と思いながら、出会ったばかりの男たちと次々体を重ねていく。彼らの名前を手帳に“積み重ねて”いくことに、密かな楽しみを見いだしていた。恋とは無縁に見える優子だが、実は最近、バイト先の牛丼屋にやってくる男が気になっていた。彼の名前は、山田。でも、彼には知的で美人の彼女がいる様子。構わず得意のセクシーポーズで迫ってみるものの、反応はいまいち。どんな男とも寝てきたし、そうやって欲望を剥き出しにすることだって悪くない。周りの人には想いのたけを吐き出せるのに、山田にだけはさらけ出せない…。素直に思いを伝えようと決めた優子は、山田のいるバーに向かう…。

「梅田優子の告白」の解説

「ほんっと、男なんてしょーもない。でも、チヤホヤされたい」そんな矛盾に満ちた女心を、包み隠さずストレートに表現する主人公・梅田優子。彼女の姿は、わずか19歳で監督デビューを果たした深井朝子の実体験や、実際にセクシーキャバクラで働いたことのある友人たちの体験が反映されている。クールさとキュートさを併せ持つ主人公・梅田優子を演じるのは、本作が映画初出演となる日本映画学校演劇科を昨年卒業したばかりの焼広怜美。また優子を翻弄する謎多き年上男・山田を、小林政広作品やサトウトシキ、女池充などのピンク映画の常連、本多菊次朗がクールに熱演している。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年10月11日
キャスト 監督・脚本深井朝子
出演焼広怜美 本多菊次朗 川村りか 吉田晋一 野口かおる 三島ゆたか 山口オン 加藤由子 川田義宗
配給 トリウッド
制作国 日本(2008)
上映時間 50分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「梅田優子の告白」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-10-23 00:01:14

広告を非表示にするには