ブーリン家の姉妹 作品情報

ぶーりんけのしまい

孤独な王が愛した光と影のような2人の女

16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む。ところが、王の心を捉えたのはアンの妹で凡庸だが気立ての良いメアリーだった。一家は宮中に移り住み、メアリーは王の子を身籠る。一方、妹に栄誉を奪われたアンは一時フランスへ追放されるが、やがて呼び戻され、大胆にも王妃の座を狙って策略を巡らすのだった。

「ブーリン家の姉妹」の解説

女の生きる道は厳しい。しかし、世継ぎとなる男子を産まなければ価値を認められない悲哀はあっても、男だけで歴史は作れない。後のゴールデンエイジを築いたのは女王エリザベス1世、つまり女であるということもまた史実なのだ。国王を離婚させるためにローマ・カトリックと決別させ、自らが王妃となりエリザベス1世を産んだアン・ブーリンと歴史上は無名だった妹メアリーの関係にスポットを当てたフィリッパ・グレゴリーの同名ベストセラー小説を原作に、どちらか一方が日の目を見れば、もう一方は影となる姉妹の愛と葛藤が描かれる。演じるのはハリウッドの若手トップ女優ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソン。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年10月25日
キャスト 監督ジャスティン・チャドウィック
原作フィリッパ・グレゴリー
出演ナタリー・ポートマン スカーレット・ヨハンソン エリック・バナ ジム・スタージェス エディ・レッドメイン アナ・トレント
配給 ブロードメディア・スタジオ
制作国 アメリカ=イギリス(2008)
上映時間 115分

(c)2008 Columbia Pictures Industries, Inc. and Universal City Studios Productions LLLP and GH Three LLC. All Rights Reserved

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:2.75点★★☆☆☆、4件の投稿があります。

P.N.「なみ」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2008-11-02

スカーレットヨハンソンがすてきでした。優しく純朴で芯の強い、すてきなメアリーでした。史実を多少知っているので、このお話をどう映画にするのか興味がありましたが役者さんの魅力のおかげか、いい映画だと思います。映画として、あまりにも救いのない話にするわけにはいかないのはわかりますが、あちらこちらのエピソードの切り貼りが目につきました。史実を知らずに見れば、もう少し楽しめたかもしれません。


レビューを投稿する

「ブーリン家の姉妹」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-01-16 10:04:05

広告を非表示にするには