007/慰めの報酬 作品情報

だぶるおーせぶんなぐさめのほうしゅう

“復讐”という名の慰めを求めるボンド。その先に待つものは―― D.クレイグ版007第2弾!

初めて愛した女・ヴェスパーを失ったジェームズ・ボンドは、ヴェスパーを操っていたミスター・ホワイトを尋問し、背後にいる組織の存在を知る。早速捜査のためにハイチへと跳び、知り合った美女カミーユを通じて、組織の幹部であるグリーンに接近。環境関連会社のCEOを務める男だが、裏ではボリビアの政府転覆と天然資源の支配を目論んでいるのだった。ボンドは復讐心を胸に秘めながら、グリーンの計画阻止に動くが……。

「007/慰めの報酬」の解説

『007/カジノ・ロワイヤル』に続くダニエル・クレイグ版007の第2弾。前作で初めて愛した女性・ヴェスパーを喪ってしまったジェームズ・ボンドが、復讐心に駆られながらも任務に臨み、巨大な犯罪組織と対決する姿を描いていく。ダニエル・クレイグは前作同様、ジェームズ・ボンドを人間味たっぷりに表現。またアクションでも身体を張ったファイトシーンなどを披露している。本作のボンドガールを務めたオルガ・キュリレンコは、タフでどこか謎めいた魅力を持つカミーユを鋭く演じた。監督は『チョコレート』のマーク・フォースター。人間ドラマを描くことに定評のある彼が、クレイグ版ボンドの魅力をより一層引き立てている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年1月24日
キャスト 監督マーク・フォースター
出演ダニエル・クレイグ オルガ・キュリレンコ マチュー・アマルリック ジュディ・デンチ ジャンカルロ・ジャンニーニ ジェマ・アータートン ジェフリー・ライト
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 イギリス=アメリカ(2008)

(C)2008 Danjaq, LLC, United Artists Corporation, Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:3.76点★★★☆、21件の投稿があります。

P.N.「タカ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-12-10

前作を観てからの方がより楽しめます。陸海空に渡りアクションが展開。どのアクションも前作の流れを踏んで作られていた。復讐・怒りに満ち、非情になったボンドがよく描かれていたと思う。スペクターのような巨大組織の存在も明らかになります。次回作からの展開が、とても楽しみです。

最終更新日:2021-03-03 13:53:00

広告を非表示にするには