次郎長三国志 作品情報

じろちょうさんごくし

マキノ雅彦監督第2作は、娯楽時代劇の名作をリメイク

祝言をあげたばかりの妻、お蝶を置いて、渡世修行に出かけた次郎長とその子分たち。右腕的存在の大政をはじめ、法印の大五郎、森の石松、伊達者の美青年・追分政五郎らが次郎長の男っぷりに惚れて、次々と仲間に加わっていく。清水に戻った次郎長は、やがて東海道中にその名を轟かせるようになるが、有名になればなるほど敵も増えて…。

「次郎長三国志」の解説

“大人の笑い”が満載の初監督作『寝ずの番』が好評を博し、新藤兼人賞、山路ふみこ賞など多数の賞に輝いたマキノ雅彦監督が二作目に選んだのは、チャンバラあり、笑いあり、感動ありの本格時代劇だ!叔父・マキノ雅弘監督の“十八番”とも言える『次郎長三国志』に満を持して挑んだ(マキノ雅弘監督は東宝で9部作、東映で4部作を手掛けている)。次郎長に中井貴一、その妻・お蝶に鈴木京香、追分政五郎に北村一輝、森の石松に温水洋一といった豪華な布陣。次郎長とお蝶の夫婦愛を軸に描かれながらも、リーダーの資質とは何かを見せてくれる次郎長の行動力は、時代劇の枠を超えて、現代にも通じるのかも知れない。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年9月20日
キャスト 監督マキノ雅彦
原作村上元三
出演中井貴一 鈴木京香 岸部一徳 笹野高史 温水洋一 北村一輝 近藤芳正
配給 角川映画
制作国 日本(2008)
上映時間 126分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「タケル」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2008-10-17

笹野さんが素晴らしかった!役者さんの「仕事」を、ジックリ見せてもらった、楽しませてもらった!って感じ!石松、小政の意外なキャスティング!…って、もう1回見に行ったら、ちょいと物足りなかったのは、我ながら意外でした(笑)

最終更新日:2017-01-27 15:44:47

広告を非表示にするには