蛇にピアス 作品情報

へびにぴあす

芥川賞受賞の話題作が、世界のニナガワの手により映画化

渋谷を徘徊する19歳の少女ルイは、クラブで知り合ったアマの蛇みたいに割れた舌(=スプリットタン)に心を奪われる。後日、アマに連れて行かれた妖しげな店で、全身に刺青を施し、顔じゅうにピアスのある店長のシバに、舌ピアスをあけてもらう。少しずつ穴を拡張しスプリットタンにするつもりだ。その日以来、彫り師のシバに強い憧れを抱いたルイは、自分にも最高の絵を刻みたいと思うようになる。

「蛇にピアス」の解説

刺青、ボディピアス、SM。ダークなテーマでありながら女性読者に圧倒的な支持を受けた、金原ひとみのデビュー作にして芥川賞受賞作を、演劇界の鬼才・蜷川幸雄が映画化した。心の穴を埋めるために、ピアス、刺青で身体改造するヒロイン、ルイを全身全霊で演じたのは、映画初主演となる吉高由里子。『紀子の食卓』『転々』『きみの友だち』などでそのみずみずしい存在感をアピールしていた彼女が、本作ではピアスや刺青だけでなく、激しいSEX描写が要求されるハードな役を、弱冠19歳ながら見事に演じ切っている。蜷川作品と縁の深い藤原竜也、小栗旬が意外な役で登場しているところにも要注目だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年9月20日
キャスト 監督蜷川幸雄
原作金原ひとみ
出演吉高由里子 ARATA 高良健吾 あびる優 市川亀治郎 井出らっきょ 小栗旬 唐沢寿明 ソニン 藤原竜也
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 日本(2008)
年齢制限 R-15
上映時間 123分

(C)2008「蛇にピアス」フィルムパートナーズ

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.4点★★★★☆、16件の投稿があります。

P.N.「UME」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-12-12

今まで見たことない感じの映画で人体改造をする怖い話かと思えば恋愛ストーリーにもなっていて、あまの可愛さや、るいのお酒や痛みに依存してしまう怖さもありすごい映画だと思いました!初めてこんなに何回も見ました

最終更新日:2020-10-29 13:25:58

広告を非表示にするには