ダークナイト 作品情報

だーくないと

猛威をふるう悪意の中に“暗黒の騎士”が誕生する―― 史上最凶の犯罪者が現れるシリーズ最高傑作

ダークナイトのイメージ画像1

ゴッサム・シティーに現れた最悪の犯罪者ジョーカー彼は、マフィアたちに成り代わってバットマンを追い込む“ゲーム”を開始。それは「バットマンが正体を明かさなければ、毎日市民を殺す」という卑劣なルールで、戦いの中ゴードン警部補も凶弾に倒れてしまう。ブルースは遂にバットマンの正体を明かすことを決意。記者会見に登場しようとするが、それを制したのは新任検事で“光の騎士”と慕われるデントの意外な行動だった……。

「ダークナイト」の解説

シリアスかつ重厚なテイストでバットマンの誕生秘話を描いた『バットマン ビギンズ』の続編。ゴッサム・シティーに現れた史上最悪の犯罪者ジョーカーに立ち向かうバットマンや検事デントの姿を、目の離せない展開と共に描いていく。享楽で犯罪を行うジョーカーを演じたのは、本作撮影後に急逝したヒース・レジャー。全身に異常性と破壊性をまとったその怪演は圧巻の一言。観る者を戦慄させるハリウッド史上に残る悪役が誕生した。デント役のアーロン・エッカートの鬼気迫る演技も光る。監督は前作と同じくクリストファー・ノーラン。俳優陣の見事な演技をさらに際立たせる演出とストーリーテリングで、傑作と呼ぶべき作品を見事に撮り上げた。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年8月9日
キャスト 監督・脚本クリストファー・ノーラン
出演クリスチャン・ベール ヒース・レジャー アーロン・エッカート マギー・ギレンホール ゲイリー・オールドマン マイケル・ケイン モーガン・フリーマン
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2008)

TM & (C)DC Comics (C)2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.45点★★★★☆、74件の投稿があります。

P.N.「じむあき」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2011-10-01

映画館で観て、後でDVDを買ってしまいました。ヒース様に完全脱帽!本当にもっと活躍されるのを観たかった。映画としては全体的にノーランらしさが炸裂していた。ストーリーの緩急も良い加減。先が読めない展開の末に決してハッピーエンドでは終わらないところも良かった。未見の人は是非とも観て欲しい。


レビューを投稿する

「ダークナイト」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-21 13:16:17

広告を非表示にするには