幸せのポートレート 作品情報

しあわせのぽーとれーと

本当に描けてますか?あなたの幸せのポートレート

携帯電話を片時も手放さないキャリアウーマンのメレディスは、理想の恋人、エヴェレットの実家に招かれ、クリスマス休暇を過ごすことになった。エヴェレットの実家は、大学教授の父親と家族の中心的存在の母親、そして言いたいことは何でも言う4人の兄弟がいる大家族。休みなのにスーツを着て、理想をくずさないメレディスは、一家に溶け込めなかった。そこで、メレディスは、SOSで実妹のジュリーを呼び寄せる。しかし、メレディスほど固くないジュリーは、一家に受け入れられ、メレディスはさらに孤立してしまう。

「幸せのポートレート」の解説

ダイアン・キートン、サラ・ジェシカ・パーカー、そしてクレア・デーンズという豪華キャストが出演する、家族のドラマ。「彼氏彼女の実家訪問」という、誰もが一度は経験する人生の“関所”通過ストーリーだ。テレビドラマにあるような、想像する最悪なシチュエーションが全て描かれており、これを映画にするの?と思うようなセリフやシーンが前半は続くのだが、それが終盤に投げかけられるメッセージへとつながっていく。家族の会話、特に口喧嘩シーンはリアリティが必要とされ、そこで演技者の力量が光る。ラストは自分探し映画の割には、「こんなのあり?」と言いたくなるが、本当の幸せというのは、案外こんな形で実現されるものかも。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年7月15日
キャスト 監督トーマス・べズーチャ
出演ダイアン・キートン サラ・ジェシカ・パーカー クレア・デインズ
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2005)

(C)2005 TWENTIETH CENTURY FOX

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「幸せのポートレート」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-27 16:47:00

広告を非表示にするには