ティム・バートンのコープスブライド 作品情報

てぃむばーとんのこーぷすぶらいど

ガイコツたちが楽しく暮らす“賑やかなあの世”を覗いてみる?

ティム・バートンのコープスブライドのイメージ画像1

19世紀のヨーロッパ。小さな村で、ある結婚式が迫っていた。新郎はビクター。成金夫婦の気弱な一人息子だ。新婦のビクトリアは、落ちぶれた貴族の娘。つまり、この結婚は政略結婚。でも若い2人は出会った途端、互いに好意を抱く。が、内気なビクターはリハーサルをこなすことができず、暗い森でひとり練習することに。そして誓いの言葉とともに、小枝(と思われたもの)に指輪をはめた。それが、死体の花嫁=コープス ブライドの細い指だとは知らずに!

「ティム・バートンのコープスブライド」の解説

また魅力的なバートンワールドが生み出された。私利私欲に支配された現世はモノトーンに、あの世の住人たちが暮らす幽界はカラフルに彩られていて、バートン風のこだわりを感じさせる。現世の人々より、よほど生き生きとしている亡者たちは、とても魅力的だ。パブでのガイコツバンド(ボーンジャングルス)のショーなど、見ものである。コープス ブライドの声をあてたのは、ティム・バートンの私生活のパートナーでもあるヘレナ・ボナム=カーター。自由を求める死体の花嫁の声を、ムードたっぷりに演じている。パペットをひとコマひとコマ動かして撮影していくストップ・アニメーションの手法が取られている本作。上映時間の77分すべてに愛情が感じられる出来だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年10月22日
キャスト 監督ティム・バートン
声の出演ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター エミリー・ワトソン
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 イギリス(2005)

(C)2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「りりー」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2017-05-16

ストーリーがとても単純でものたりない。全体的にゴシックな雰囲気はめちゃ素敵でしたよ~!


レビューを投稿する

「ティム・バートンのコープスブライド」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-21 13:15:45

広告を非表示にするには