サハラ-死の砂漠を脱出せよ- 作品情報

さはらしのさばくをだっしゅつせよ

愛すべき冒険家ヒーロー、ダーク・ピットが、満を持してスクリーンに登場!

サハラ-死の砂漠を脱出せよ-のイメージ画像1

冒険家、ダーク・ピット(マシュー・マコノヒー)は、ナイジェリアとマリ共和国の間で発見された一枚の金貨に魅せられる。それは、南北戦争で忽然と姿を消した甲鉄艦の存在を示す鍵。ボスのサンデッカー提督を説得し、早速マリへと出発を決めるピットに、思わぬ同行者が現れた。疫病の感染源を調査しているWHOの医師、エヴァ(ペネロペ・クルス)だ。ピットはマリの村でエヴァと別れるが、何者かがエヴァの命を狙っていることを知り、後を追跡する…。

「サハラ-死の砂漠を脱出せよ-」の解説

本作は、トム・クランシーも絶賛するベストセラー冒険小説家、クライブ・カッスラーの「ダーク・ピット」シリーズから、最高傑作と評される第11作「死の砂漠を脱出せよ」を映画化した、痛快なアドベンチャー作品だ。舞台は南北戦争時代のアメリカから現代のアフリカへ、伝説の甲鉄艦の行方を求め、タフなヒーロー、ダーク・ピットが灼熱の砂漠を走りまわる。ピットを演じるマシュー・マコノヒーは、その憎めない笑顔と逞しい体つき、どこかやんちゃな風貌がはまり役だ。ヒロインの女医、エヴァを演じたペネロペ・クルスとは、撮影中に生まれたロマンスも有名。さらに、ピットの相棒アルを演じたスティーブ・ザーンがチャーミングな魅力を見せるほか、国立海中海洋機構のサンデッカー提督にはウィリアム・H・メイシーが扮し、しっかりと脇を固めている。キャラクターの魅力、ストーリーの思い切りの良さ、宝探しのロマンとラブストーリーなど、見所の多いエンターテイメントだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年6月11日
キャスト 監督ブレック・アイズナー
出演マシュー・マコノヒー ペネロペ・クルス スティーブ・ザーン ウィリアム・H・メイシー ランベール・ウィルソン デルロイ・リンド
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 アメリカ(2005)
TV放映 2019年3月26日 テレビ東京 午後のロードショー

[Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「サハラ-死の砂漠を脱出せよ-」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-22 00:01:02

広告を非表示にするには