沈黙の聖戦 作品情報

ちんもくのせいせん

セガールの本能と香港の遺伝子が合体! 男気爆発のアルティメット・アクション

沈黙の聖戦のイメージ画像1

元CIAの工作員ジェイク・ホッパーの愛娘ジェシカがタイを旅行中、上院議員の娘サラとともに誘拐される。犯人はイスラム過激派グループ、アブ・カラフ。彼らはアメリカ政府に対し、1週間以内に拘留中の仲間を釈放するよう要求する。政府が要求を退けることを知ったジェイクは、自らの手でジェシカを救い出すため、単身タイに潜入。昔の相棒スンティの協力を得て、組織に関する情報を探ってゆく。やがて明るみとなるタイ裏社会の実態。ジェイクは過激派、タイ国軍、そしてCIAをも敵に回し、壮絶な戦いに身を投じてゆく…。

「沈黙の聖戦」の解説

孤高のアクション求道師・スティーヴン・セガールの最新作は、“元CIA”のトレードマークも復活し、原点回帰的な初期衝動を感じさせるアクション巨編。まず目を惹くのは、名手チン・シウトンの監督起用。『少林サッカー』『HERO』『LOVERS』といった世界的ヒット作のアクションを手掛け、“ワイヤーワークの神様”と称される香港映画の重鎮が、満を持してのハリウッド進出。

しかもセガールとの電撃合体とくれば、これはもう黙って見守るしかないだろう。ガン・アクションあり、マーシャル・アーツあり、ワイヤー・スタントあり。流行もへったくれもない、男気ファイトのオンパレードで悪いヤツらをなぎ倒す。そんな怒涛の展開の中に圧巻の決めショットで目を奪うあたりも、シウトン演出の真骨頂だ。我が道をゆく彼らの映画道に万歳。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年10月2日
キャスト 監督チン・シウトン
出演スティーヴン・セガール バイロン・マン モニカ・ロウ トム・ウー ヴィンセント・リオッタ サラ・マルクル・レーン
配給 ギャガ・コミュニケーションズ/アートポート
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 91分

(C)2003 GFT Beast Films Inc.,Studio Eight Beast Limited,Century Time(H.K.)Ltd.All Rights Reserved

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「沈黙の聖戦」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-08 17:04:57

広告を非表示にするには