明治侠客伝 三代目襲名 作品情報

めいじきょうきゃくでんさんだいめしゅうめい

鶴田浩二お得意の仁侠もの

喧嘩祭りに賑わう大阪の町角で、木屋辰一家の二代目江本福一が小倉の無宿者中井徳松に刺された。浄水場工事を請負う野村組の現場に資材を送りこむ木屋辰への、星野建材星野軍次郎のいやがらせであった。星野の配下唐沢組を使っての指金であることはわかっていながら、確証が掴めず、木屋辰の一人息子春夫は、不貞くされて家を飛び出した。木屋辰の乾分菊池浅次郎は、春夫の身を案じてお茶屋松乃屋を訪ねた。松乃屋の娼妓初栄が唐沢にしぼられ、親の死に目にも会えないのを知った浅次郎は、初栄を親元に帰してやるのだった。

「明治侠客伝 三代目襲名」の解説

紙屋五平の原案を、『日本侠客伝 関東篇』の村尾昭と『大阪ど根性物語 どえらい奴』の鈴木則文が共同でシナリオ化、『幕末残酷物語』の加藤泰が監督したやくざもの。撮影は「大勝負」のわし尾元也。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督加藤泰
出演鶴田浩二 藤純子 大木実 津川雅彦 安部徹 山城新伍 曽根晴美
制作国 日本(1965)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「明治侠客伝 三代目襲名」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-06 13:46:24

広告を非表示にするには