ウィニング・パス 作品情報

うぃにんぐぱす

突然歩けなくなった少年が、車椅子バスケットボールに挑戦! 少年の葛藤と成長を描く爽やかな作品

高校生の健太はある晩、バイクを走らせていて事故を起こしてしまう。一命はとりとめたものの、脊髄損傷のため半身不随になってしまう。自分の状況が受け入れられず、親友や恋人も拒絶。死まで考える健太。しかし家族の愛情や友人に支えられ、やがて健太は退院し社会復帰を果たすが、そこにも問題がヤマ積みだった。そんな中、入院中に出会った男性に車椅子バスケのチームに誘われる。健太は次第にその魅力に取りつかれ猛練習を始めるのだった。

「ウィニング・パス」の解説

1人の少年が交通事故で自由を失ったことをきっかけに、大きく成長していく姿を描いたドラマ。劇中には実際の車椅子バスケットボールで活躍する選手達が登場している。鍛え抜かれた上半身、機敏な動き、車椅子を駆りながらの巧みなドリブルと、本物の車椅子バスケの迫力を見せてくれる。

突然障害者となったことで苦しみ、自分もまわりも傷つけてしまう少年を映画初主演の松山ケンイチが好演。やがて問題を自分で解決してたくましく成長していく主人公を、すがすがしく演じている。また恋人役の「日テレジェニック2002」出身の佐藤めぐみも、あどけない笑顔で映画に花を添える。ヘビーになりがちなテーマを、若手のみずみずしい演技で爽やかにまとめた一本。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年1月24日
キャスト 監督中田新一
出演松山ケンイチ 堀北真希 ベンガル 寺島進 佐藤めぐみ 矢崎滋 角替和枝
配給 イメージ・サテライト
制作国 日本(2003)
上映時間 108分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ウィニング・パス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-01-21 00:01:31

広告を非表示にするには