g@me. 作品情報

げーむ

美貌の男女が仕掛ける、華麗なる誘拐ゲーム。最後に勝利するのは…犯人か、人質か?

広告代理店に勤める佐久間俊介(藤木直人)は、仕事や恋愛といった人生ゲームの勝ち組だ。だがある日、佐久間が担当する業界大手・ミカドビールのキャンペーンが、ミカドビール副社長・葛城勝俊(石橋凌)の圧力で突如中止される。佐久間の仕事ぶりを全面的に否定する葛城。屈辱を味わった佐久間は、酔った勢いで葛城邸に足を向け、そこで偶然、葛城の娘・樹理(仲間由紀恵)と出会う。愛人の子であるために不遇な暮らしを送っていた樹理は、父を憎む佐久間に対し、突拍子もない提案をする。「ねぇ、私を誘拐しない?」

「g@me.」の解説

誘拐ゲーム…。不謹慎だが、不思議に心惹かれる響きだ。黒澤明の金字塔『天国と地獄』や岡本喜八監督の『大誘拐』等、誘拐を題材にした映画には屈指の娯楽作が数多い。それは警察と犯人=追う者と追われる者の駆け引きを描くのに、映画の形式が適しているからだ。そして本作『g@me.』である。

偶然出会った男女が目的を同じくして狂言誘拐を試みるという筋立てだが、ここではそれに加えてもう一つ、“恋のゲーム”がドラマの軸を為す。つまり共犯の男女は、誘拐ゲームでは相棒なのだが、他方の恋愛ゲームでは互いに駆け引きを戦わせる敵ともなるのだ。この皮肉な二重構造が表になり裏になり、やがては予想外の結末を導いてゆく。主演2人の美しいラブ・シーンも出色だが、ゲーム性に富んだ駆け引きのスリルこそ本作の一番の“勝利者”だろう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年11月8日
キャスト 監督井坂聡
原作東野圭吾
脚本尾崎将也 小岩井宏悦
出演藤木直人 仲間由紀恵 石橋凌 宇崎竜童 IZAM
配給 東宝
制作国 日本(2003)
上映時間 105分

(C)2003 フジテレビ 東宝 電通 ポニーキャニオン

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「g@me.」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-18 13:22:37

広告を非表示にするには