ラブストーリー 作品情報

らぶすとーりー

恋に悩む女子大生が手にしたのは、35年前の母の手紙と日記。そこにはせつない初恋の日々がつづられていた。時を越えて感動を呼ぶ、愛のドラマ

女子大生ジヘは友人から、演劇部の先輩サンミンへのEメールの代筆を頼まれる。ジヘも先輩へ密かな思いを寄せていたが、奥手な彼女は打ち明けることができない。そんなある日、ジヘは家の棚から小さな木箱を見つける。その中には35年前に書かれた手紙と日記帳があり、若き日の母の初恋の物語が記されていた。高校生ジュナと親友のテス、そして2人の想いを集めた若き日の母ジュヒの日々を…。

「ラブストーリー」の解説

『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督の新作。『猟奇的な彼女』は「単なるラブ・コメか」という予想を心地よく裏切り、後半にいくにつれて切ないラブ・ストーリーに。本作はストーリーも設定もまったく別の話だが、あの映画の後半の雰囲気のままに作られたと言ってもまちがいはない。そういった意味で『猟奇的な彼女』の続編的な作品だ。何人かの傍役は引き続き登場し、何よりも印象的に使われた「パッヘルベルのカノン」が、ここでも高らかに流れている。

この作品の主人公たちは、今どきの若者ではなく、年齢の割には手をつなぐことさえドキドキするような幼い恋をする。そこには「もし自分がこんな初恋をしていたら」という“理想の初恋”が込められている。だから観客は映画を見ている間、ふだんは自分の心の底にしまわれている思春期の感情を、再起動されてしまうのだ。とにかくこの映画を見る前に、まずハンカチの用意を。そして思いきり気持ちよく泣きながら、恋をした時の喜び、胸の高まり、我を忘れる一途な気持ちを味わってみては。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年1月24日
キャスト 監督・脚本クァク・ジェヨン
出演ソン・イェジン チョ・スンウ チョ・インソン
配給 メディアスーツ&クロックワークス
制作国 韓国(2003)
上映時間 129分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ラブストーリー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-04-08 07:00:05

広告を非表示にするには