日本暗殺秘録 作品情報

にほんあんさつひろく

日本の暗殺の歴史が垣間見れる

桜田門外の変、大久保暗殺事件、大隈暗殺事件、安田暗殺事件、ギロチン社事件、血盟団事件のほか、二・二六事件 昭和11年2月26日早朝、一部青年将校を先頭に兵員民間人あわせて1483名が首相官邸をはじめとした重臣たちの私邸を襲撃した。が、数日を待たず鎮圧された。襲撃を受けて死んだ者9名。決死部隊死刑17名、自決した者2名。このように、日本の暗殺の歴史を年代ごとに追っていく。

「日本暗殺秘録」の解説

鈴木正の原作(原書房刊)を『緋牡丹博徒 鉄火場列伝』の笠原和夫と『おんな刺客卍』の中島貞夫が共同で脚色し中島が監督した明治・大正・昭和の暗殺ドラマ、撮影は『温泉ポン引女中』の吉田貞次。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中島貞夫
音楽富田勲
出演若山富三郎 那須伸太朗 茂山高一 堀正夫 土橋勇 疋田泰盛 唐十郎 藤本秀夫 友金敏雄 吉田輝雄
制作国 日本(1969)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「日本暗殺秘録」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-16 14:20:12

広告を非表示にするには