忍者武芸帖 百地三太夫 作品情報

にんじゃぶげいちょうももちさんだゆう

真田広之主演の忍者アクションもの

天下を狙う秀吉の命を受けた腹臣、不知火将監によって伊賀山中の百地砦が襲撃された。秀吉の狙いは、伊賀忍者皆殺しと、百地一族の隠し金山を手に入れることであった。不知火将監率いる甲賀勢との戦いで三太夫をはじめ、百地一族は壊滅。生き残ったのは三太夫の一子、鷹丸と、石目、川次郎、五助、右衛吉、門太、おつうなど幼い子供たちだ。子供たちを追う将監の弟、幻之介。鷹丸は海へ逃れ、おつうは服部半蔵に拾われた。そして十年後。鷹丸は中国から帰国した。胸元にかざす狼印の短刀には、百地家の隠し金山のありかが刻まれていた。

「忍者武芸帖 百地三太夫」の解説

秀吉の腹心、不知火将監によって父、百地三太夫を殺された息子、鷹丸の一族再興のための活躍を描く。脚本は石川達男、『団鬼六 少女縛り絵図』の神波史男、『トラック野郎 故郷特急便』の鈴木則文の共同執筆、監督も同作の鈴木則文、撮影は『影の軍団 服部半蔵』の中島徹がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木則文
出演真田広之 蜷川有紀 志穂美悦子 長谷匡彦 徳満信央 火野正平 崎津均 粟津號 石橋雅史 野際陽子
制作国 日本(1980)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「忍者武芸帖 百地三太夫」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:42:38

広告を非表示にするには