十三人の刺客(’63) 作品情報

じゅうさんにんのしかく

豪華出演者による、硬派時代劇

弘化元年9月明石藩江戸家老間宮図書が老中土井大炊頭の門前で割腹し果てた。間宮の死は藩主松平左兵衛斉韶の暴君ぶりを訴えていた。斉韶は将軍家慶の弟君、この事件は時の幕閣を動揺させた。これに対し老中土井は、非常手段として御目付役島田新左衛門に斉韶暗殺を命じた。大事決行をひかえ新左衛門は十一人の協力者を集めた。新左衛門の知友倉氷左平太、三橋軍次郎、樋口源内、他十一人の強者達だ。暗殺計画は極秘裡に進められたが、この暗殺計画を事前にキャッチした人物がいた。

「十三人の刺客(’63)」の解説

『十七人の忍者』の池上金男がオリジナル・シナリオを執筆、『若様やくざ 江戸っ子天狗』の工藤栄一が監督した時代劇。撮影もコンビの鈴木重平。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督工藤栄一
音楽伊福部昭
出演片岡千恵蔵 里見浩太朗 嵐寛寿郎 西村晃 阿部九洲男 山城新伍 水島道太郎 加賀邦男 汐路章 沢村精四郎
制作国 日本(1963)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「十三人の刺客(’63)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-12-01 00:01:02

広告を非表示にするには