マトリックス レボリューションズ 作品情報

まとりっくすれぼりゅーしょんず

カリスマ・ムービー、革命の最終章。あらゆる世界に怒涛のクライマックスが訪れる…。

救世主の預言がプログラムの一環だったと知らされたネオは、マトリックスと現実世界の境界に迷い込んでいた。ネオを信じ続けるトリニティーとモーフィアスは、預言者オラクルの助けを借りてネオを救出する。それでも世界に平和が戻ることはなく、聖地ザイオンにはセンティネルズの大群が迫っていた。ネオは自らの運命を選択し、マシン・シティの中枢部へ乗り込むことを決意する。だがネオの前には、航海士・ベインに憑依したスミスが立ち塞がるのだった。ネオとスミス、人類とマシン、全ての攻防に決戦の時が訪れる…。

「マトリックス レボリューションズ」の解説

時代を築いたカリスマ・ムービーがついに完結。前作は3部作の2作目ゆえの消化不良感から賛否両論を呼び、この最終章への期待は高まるばかりだった。無論ここでその詳細を明かすことはしまいが、ウォシャウスキー兄弟が「選択」した道は、劇中のネオと同様、スカシやヒネリに逃げない正攻法だったと言える。『レボリューションズ』とは「革命」の意。そして革命とは大いなるエネルギーの結集である。

これまで張られた伏線、特にネオを取り巻く脇の登場人物が一斉に決起し、怒涛のクライマックスが現出する。そこから先は終わりなき大団円。二重三重に結実するドラマとそれを映す圧巻の映像が、延々1時間以上に渡って連なってゆく。知性は感情へ、信念は運動へ…。なるほど人間の根源を描くとはこういうことかと納得する感動のグランド・フィナーレだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年11月5日
キャスト 監督・脚本ラリー&アンディ・ウォシャウスキー
出演キアヌ・リーブス ローレンス・フィッシュバーン キャリー=アン・モス モニカ・ベルッチ ヒューゴ・ウィーヴィング
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 129分

(C)2003 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved (C)2003 Village Roadshow Films(BVI)Ltd.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「マトリックス レボリューションズ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-01-23 13:22:58

広告を非表示にするには