抱擁 作品情報

ほうよう

ヴィクトリア時代のイギリス詩人たちの秘密の恋が、現代の恋を導くロマン文芸作

アメリカ人学者のローランド(アーロン・エッカート)は、19世紀の著名な詩人ランドルフ・ヘンリー・アッシュの研究のためロンドンへやってくる。ある日、図書館でアッシュ直筆の手紙を見つけたローランドは、それが詩人のラモットに当てたラブレターだと推測し、調査を始める。ラモットの研究をする大学教師モード(グウィネス・パルトロウ)とともに、アッシュとラモットの足取りを追ううちに、恋に億劫な2人は、次第に詩人たちの情熱的なロマンスに大きく影響されていく…。

「抱擁」の解説

この作品を、単なるラブ・ストーリーとして観るならば物足りない。ロマンスに足を踏み入れない、という2人の頑固さも中途半端に砕かれるし、同じベッドで眠らなくてはいけないシュチュエーションも、ありがちな気がする。戒律の厳しいヴィクトリア時代のイギリス人が、タブーである不倫や同性愛に情熱を傾けているというのに、自由な恋愛が当たり前の現代に生きる2人がなぜ!? なんて、問い始めたらきりがないけれど…。

ラブ・ストーリーも、詩人たちの秘密の愛が加われば、文芸好きとしては好奇心をくすぐられる。著名な詩人同士であるアッシュとラモットの、禁断の恋愛関係が紐解かれていく様子や、2人の関係がローランドとモードの関係とシンクロしていく展開も上手い。原作は、イギリス文学の権威、ブッカー賞に輝く小説。つまり、文芸作としてみるべし。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年3月1日
キャスト 監督ニール・ラビュート
出演グウィネス・パルトロウ アーロン・エッカート ジェレミー・ノーザム ジェニファー・エール レナ・ヘッディ トム・ホランダー
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2001)
上映時間 102分

(c)2002 Warner Bros. All Rights Reserved (c)2002 USA Films

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「抱擁」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-14 09:28:17

広告を非表示にするには