天国の口、終りの楽園。 作品情報

てんごくのくちおわりのらくえん

2人の少年と1人の女に降り注ぐ、メキシコの熱い光。灼熱の夏を彩るロードムービー。

幼なじみのテノッチ(ディエゴ・ルナ)とフリオ(ガエル・ガルシア・ベルナル)の頭の中は常に女の子のことでいっぱい。今年の夏はお互いのガールフレンドが旅行へ出かけてしまったため、偶然パーティで知り合ったルイサ(マリベル・ベルドゥー)を誘い、幻のビーチ「天国の口、終りの楽園」を探す旅に出る。大人の女性の魅力に浮かれるテノッチとフリオ。一方ルイサは、夫との仲がこじれかけている。それぞれの思いを抱きつつ、奇妙な3人の乗った車は南へと進んでいく…。

「天国の口、終りの楽園。」の解説

メキシコという国がイメージさせる通りの、太陽のまぶしさ、空と海の青さ、少年たちの開放感…。この作品のすべてがエネルギッシュで光に満ちている。姿を見せない「男」のナレーションによって進む物語は、単なる青春のロードムービーにとどまらず、市民デモや大統領選挙などのリアルな政経色をチラリと差し入れながら、一見それらとは無縁に生きる少年たちの「少年時代への別れの旅」を色彩豊かに語っている。

『アモーレス・ペロス』のガエル・ガルシア・ベルナルと『夜になるまえに』のディエゴ・ルナが、前作とは少し違った、青春にはじけた少年の奔放さをみずみずしく演じていて注目だ。太陽の熱、恋の熱、人生への情熱に浮かされるような2時間を味わえる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年8月10日
キャスト 監督アルフォンソ・キュアロン
出演ガエル・ガルシア・ベルナル ディエゴ・ルナ マリベル・ベルドゥ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 メキシコ(2001)
上映時間 106分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「天国の口、終りの楽園。」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-06-30 17:58:07

広告を非表示にするには