白い船 作品情報

しろいふね

青い空と青い海、そして小さな奇跡。この夏必見の感動エンターテイメント、誕生!

好平くんは児童数17人の塩津小学校で、ただ一人の6年生。都会から転任してきた静香先生は優しいけれどちょっぴり自信がなさそう。ある日、授業中に窓から外を見ていた好平くんは青い海の向こうに白いものを見つけた。その白い物の正体は毎日同じ時刻に通る船だとわかった。わかったとたん、あの船に乗りたい!と思う好平くん。みんなもそう思い、静香先生や校長先生までもそう思うようになった。「船長さんに手紙を書いてみたら?」という静香先生の一言から好平くんら生徒と白い船の交流が始まった。

「白い船」の解説

この物語は島根県平田市に実在する塩津小学校と、沖合いを行く大きなフェリーとの心温まる交流を描いた感動作。実話でもある。また本作は地元の方々の前面協力の元、全編オールロケで撮られ、島根の青い海と青い空が圧倒的に美しい。大人も子供もピュアな心を持ちつづけていることに素直に感動する。

物語の主人公・好平を演じるのはTVドラマでもお馴染みの濱田岳。素朴で純粋な少年をここでも好演。そんな好平を温かく見守る静香先生役は中村麻美。その他、中村嘉葎雄、尾美としのり、竜雷太、田山涼成、長谷川初範、山口美也子ら豪華キャストが脇を固める。特に好平の曽祖父を演じる大滝秀治は存在感がある。音楽は初めて映画音楽を手がけるという角松敏生。爽やかなメロディが物語を盛り上げる。ラスト近く、フェリーと漁船50隻の空撮シーンは美しく涙が止まらない。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年7月6日
キャスト 監督錦織良成
出演中村麻美 濱田岳 中村嘉葎雄 尾美としのり 竜雷太 大滝秀治
配給 ゼアリズエンタープライズ
制作国 日本(2001)
上映時間 108分

(C)2002「白い船」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「白い船」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:39:54

広告を非表示にするには