非・バランス 作品情報

ひばらんす

孤独な中学生が見つけた大切な“ともだち”

オムニバス映画『かわいいひと』で椎名桔平主演のエピソードを撮っていた冨樫森の長編デビュー作。魚住直子の同名児童文学を映画化。小学生のころいじめられた経験から、中学入学と同時に”友達を作らない”というルールを自身に課せ、積極的に孤立無援な状況に身を置くことで生き抜いてきた中学二年生、チアキ。しかし、鬱屈した思いは晴れることなく、かつて自分を裏切った元親友ユカリに、今も無言のいたずら電話を毎晩かけるという毎日だった。そんな彼女がオカマバーを経営する不思議なおじさん=おばさん、菊ちゃんに出会ったことから、トラウマに対峙し、それを乗り越えようとしていく。

「非・バランス」の解説

オーディションで選ばれた派谷恵美はスラリとした長身に伸びやかな個性が映える新人。これからの活躍が期待される15歳だ。またTVドラマ『HERO』でも活躍中の小日向文世が菊ちゃんを大らかに演じている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年6月2日
キャスト 監督冨樫森
脚本風間志織
出演派谷恵美 小日向文世 原田美枝子 柏原収史
配給 メディアボックス+日本ビクター
制作国 日本(2000)
上映時間 95分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「非・バランス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:37:41

広告を非表示にするには