2019年7月 第1週の映画ランキング

今週のランキングは、『アラジン』(ディズニー)が土日2日間で動員46万8000人、興収6億9900万円をあげ5週連続首位を達成した!

集計日付:2019年7月6日~7月7日

 今週の映画動員ランキングは、『アラジン』(ディズニー)が土日2日間で動員46万8000人、興収6億9900万円をあげ5週連続首位を達成した。対抗作品が次々封切られる中、落ちの少ない安定した興行を続けており、累計では間もなく動員600万人、興収86億円に届く勢いだ。最終興収100億円突破に向け着実に歩みを進めている。

  先週2位でスタートした『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(ソニー)は、土日2日間で動員26万2000人、興収3億9400万円をあげ順位をキープ。累計では動員125万人、興収18億円を突破している。

  平山夢明による、日本冒険小説協会大賞と大藪春彦賞をダブル受賞した小説「ダイナー」を実写映画化した『Diner ダイナー』(ワーナー)は、土日2日間で13万2000人、興収1億9100万円をあげ3位に初登場。初日から3日間の累計では、動員18万2000人、興収2億6000万円をあげる好スタートを切った。藤原竜也がダイナーの店主で元殺し屋の天才シェフを演じるほか、玉城ティナ、窪田正孝ら豪華俳優陣が共演。監督は写真家としても活躍する蜷川実花。

  ほか新作では、人気アイドルグループ「乃木坂46」のドキュメンタリー映画第2弾となる『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』(東宝映像事業部)が7位にランクイン。監督はこれまでも乃木坂46のドキュメンタリーなどを手掛けてきた岩下力。

  京都アニメーションによる人気TVアニメシリーズ「Free!」の第3期をリビルドした劇場版『劇場版 Free!-Road to the World-夢』(松竹)は9位にランクイン。声の出演は島﨑信長、鈴木達央、宮野真守ほか。監督は河浪栄作が務めている。

  既存作品では、4位の『ザ・ファブル』(松竹)が、累計で興収12億円を、10位の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(東宝)が興収27億円を突破。また、先週10位でスタートを切った『新聞記者』(スターサンズ/イオンエンターテイメント)は、143サイトでの公開ながら、今週8位へと順位をあげる健闘を見せている。

最終更新日:2019-07-18 15:36:32

広告を非表示にするには