2017年4月 第1週の映画ランキング

今週のランキングは、4月1日(土)が映画サービスデーという好環境にあって、1位から5位までが先週と全く同じ、TOP10に新作が1本もランクインできないという激戦が繰り広げられた!

集計日付:2017年4月1日~4月2日

 今週の映画動員ランキングは、4月1日(土)が映画サービスデーという好環境にあって、1位から5位までが先週と全く同じ、TOP10に新作が1本もランクインできないという激戦が繰り広げられた。

  春休みの大作映画がしのぎを削る中、『SING/シング』(東宝東和)が、土日2日間で動員40万8000人、興収4億7000万円をあげて堂々3週連続の1位を獲得。先週末に比べ動員対比116%、累計で動員260万人、興収30億円を突破する好調ぶり。子供だけでなく大人も楽しめるミュージック・エンターテイメントとして、春休み期間が終わってからも息の長い興行に期待がかかる。

  『モアナと伝説の海』(ディズニー)は、土日2日間で動員32万9000人、興収3億7700万円をあげて、2位の座をキープ。こちらは累計では動員308万人を突破している。『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』(東宝)も、土日2日間で動員25万6000人、興収2億7900万円をあげて3位に。累計では動員311万人を突破。今週末はこの1位~3位の日米アニメーション3作品で100万人近くを動員するという春休みにふさわしい結果となった。

  『キングコング:髑髏島の巨神』(ワーナー)も土日2日間で動員21万1000人、興収3億320万円をあげて4位を死守。

  春休みということで、ティーンを動員している作品も健闘している。『ひるなかの流星』(東宝)も先週の5位をキープ、『PとJK』(松竹)は先週の7位から6位へ、『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(東宝)は先週の11位から10位へとそれぞれ順位をあげている。

  好調な興行を続けている『ラ・ラ・ランド』(ギャガ/ポニーキャニオン)は、先週の8位から7位へと浮上。累計は動員273万8000人、興収37億3500万円を突破。今後、どこまで成績を伸ばしてゆけるのか注目される。

最終更新日:2018-08-22 13:59:08

広告を非表示にするには