フェラーリ 作品情報

ふぇらーり

フェラーリのイメージ画像1

1957年、イタリアの自動車メーカー、フェラーリの創始者で59歳のエンツォ・フェラーリ(アダム・ドライバー)は重大な局面を迎えていた。妻ラウラ(ペネロペ・クルス)と設立した会社は経営の危機に瀕し、1年前、難病を抱えた息子ディーノの死により家庭は破綻状態。その一方で、密かに愛し合っていた女性、リナ・ラルディ(シャイリーン・ウッドリー)との間に生まれた息子ピエロを認知することはできない。エンツォは起死回生を賭け、イタリア全土1000マイルを走る過酷なロードレース“ミッレミリア”に挑む。

「フェラーリ」の解説

フェラーリ社の創設者エンツォ・フェラーリの波乱と激動の1年を映画化。1957年、愛息を前年に亡くし、妻ラウラとの仲は冷め切っていたが、密かに愛し合うリナとの息子の認知は叶わない。会社は破産寸前のなか、エンツォは起死回生を賭けたレースに挑む。監督は、「パブリック・エネミーズ」のマイケル・マン。出演は、「アネット」のアダム・ドライバー、「355」のペネロペ・クルス、「ダイバージェント」シリーズのシャイリーン・ウッドリー。

フェラーリのイメージ画像1 フェラーリのイメージ画像1 フェラーリのイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年7月5日
キャスト 監督マイケル・マン
原作ブロック・イェイツ
出演アダム・ドライバー ペネロペ・クルス シャイリーン・ウッドリー パトリック・デンプシー サラ・ガドン ガブリエル・レオーネ ジャック・オコンネル
配給 キノフィルムズ(提供:木下グループ)
制作国 アメリカ(2023)
年齢制限 PG-12
上映時間 132分
公式サイト https://www.ferrari-movie.jp/

(C) 2023 MOTO PICTURES, LLC. STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「心は鋼に、人生は大工として、」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-07-08

見応えある完成度が高い作品。

あの時代、あの時だからこその風味がありますから、

頭ごなしに、今ならあり得ないと、ご意見番な偏見だと楽しめないかも知れません?

アダム・ドライバーの変貌に、最初の予告では誰かイタリアの俳優さんかと、インタヴューの彼と繋がらなくて、

その彼も凄く良かったけど、ペネロペ・クルスの愛らしく、やがて、病んだ表情から振舞い、愚かの様で驚く程賢い、鋼の女性を演じたのは、最高の拍手を送りたい。

人生に、失敗はなく、それを通し、鋼の心に鍛練する。そして、人生は、一人ひとりが、建設的に、構築する大工として生きる意味である。

事故のエピソードから学ぶのは、油断大敵、只今を生き、何事にもあなどらず、建設的に人生を描いて行く、鋼の精神が大切である。

悲惨な事故、放心が無ければ避けれたかも知れない?

スマホ人間は代表格、仕事中に他にばかり気をとられる放心、勝つと油断する人間が放心、あなたは、只今を生きているでしょうか?

IMAXやドルビーシネマの採用が無いのが残念、あの迫力を、まあ、太っ腹な配給元に感謝。

最終更新日:2024-07-15 16:00:02

広告を非表示にするには