祝日 作品情報

しゅくじつ

祝日のイメージ画像1

中学 2 年の奈良希穂は、中学入学後ずっと一人暮らしをしている。優しかった父は一言だけのメモを遺し死に、母は壊れて希穂の前から姿を消した。家族も友人もおらず、怒ることも泣くこともなく、無為に日々を過ごしていた。ある日登校すると祝日のため休校と看板が出ており、希穂が突き動かされるように校舎の屋上に向かい足を踏み出そうとしたその時、誰かが手を掴んだ。その人は天使だと自称し、希穂とずっと一緒にいたと言い張る。最期と決めたその一日、いつもの街で次々と不思議な人と出会い心の機微に触れるうちに、希穂の世界は静かに揺り動かされていき……。

「祝日」の解説

「幻の蛍」の伊林侑香監督と脚本家・伊吹一が再びタッグを組み、オール富山ロケをした人間ドラマ。孤独な中学生の希穂は校舎の屋上から踏み出そうとしたところ天使を称する人に引き留められる。天使や様々な人との出会いを経て、希穂の心は揺り動かされ……。伊林監督をはじめ富山出身のスタッフが多数集結。家族も友人もいない中学2年生の奈良希穂を富山で行われたオーディションにより選ばれた中川聖菜が、希穂と共に最期の一日を過ごす自称・天使を「真白の恋」で第32回高崎映画祭最優秀助演女優賞を獲得、「幻の蛍」にも出演した岩井堂聖子が演じる。2024年5月10日より富山先行公開。

祝日のイメージ画像1 祝日のイメージ画像1 祝日のイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年5月17日
キャスト 監督伊林侑香
出演中川聖菜 岩井堂聖子 西村まさ彦 芹澤興人 中島侑香 魚井梨穂 野嶋珠吏 碧野遥
配給 ラビットハウス
制作国 日本(2023)
上映時間 90分
公式サイト https://shukujitsu-movie.com/

(C)「祝日」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「bogi」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2024-05-19

佳作だが、心揺さぶられることはなかった。『黄昏流星群』に時折出てくる天使の感じ。
岩井堂聖子は片瀬那奈が改名したのかと思った。よく似てる=とても綺麗。

最終更新日:2024-07-12 02:00:02

広告を非表示にするには