東京カウボーイ 作品情報

とうきょうかうぼーい

東京カウボーイのイメージ画像1

東京の大手食品商社に勤めるサカイヒデキは様々な食のブランドのM&Aを手がけており、上司である副社長のケイコと婚約している。会社が米国モンタナ州に所有する経営不振の牧場の収益化を担当することになり、役員たちは土地開発業者への売却を勧めるものの、ヒデキは希少価値の高い和牛に切り替えて再建することを目指し、和牛畜産業の専門家を伴いモンタナに向かった。しかしどこまでも空が続くことから“ビッグ・スカイ・カントリー”と呼ばれるモンタナは日本のオフィス街とは何もかもが異なっており、すぐにトラブルに見舞われる。ワダが怪我で入院してしまい、ヒデキは一人場違いなスーツ姿で牧場管理人のペグに和牛の事業計画をプレゼンするが、まともに取り合ってもらえない。牧場で働く元ロデオ選手ハビエルに7万エーカーもの広大な敷地を案内され、ヒデキの計画が実現困難であることは明白だった。おおらかで地に足のついた生活を楽しむハビエルと交流するうちに、ヒデキはこの土地の魅力に気付き、カウボーイ姿で牧場を手伝ううちにペグや牧場労働者たちとも打ち解けていった。そして自身の効率一辺倒の働き方やケイコとの関係を見つめ直し、ハビエルとの友情と牧場を守るためにペグに新たなプランを提案する。しかし東京ではヒデキが任務を果たしていないと問題視され、ケイコはモンタナを訪れ牧場の閉鎖とヒデキの処遇を告げた。そんなケイコに対し、ヒデキはこれからの展望とこれまで口にしてこなかった本当の気持ちを話し始める。

「東京カウボーイ」の解説

「福田村事件」の井浦新がアメリカ映画デビューを果たした人間ドラマ。商社マンのヒデキは米モンタナ州にある牧場の経営再建のために向かうが、東京の常識が通じず行き詰まる。牧場を手伝いカウボーイ文化に触れるうちに、ヒデキは人生を見つめ直していく。短編やミュージックビデオなどの監督やテレビドラマのプロデューサーなどを務め、山田洋次監督作「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」の海外現場に参加したこともあるマーク・マリオット監督の初長編作品。脚本をNetflixシリーズ『忍びの家 House of Ninjas』のデイヴ・ボイルや、平成『ガメラ』シリーズ3部作のヒロインを務め、アメリカと日本に拠点を置き俳優・脚本家として活躍、本作にも出演する藤谷文子が手がけている。カウボーイ文化と出会うサカイヒデキを井浦新が、和牛専門家のワダを「哭声/コクソン」「ブラック・レイン」など国内外の作品に出演してきた國村隼が演じるほか、ドラマ『ハリウッド・チャンス!』シリーズのゴヤ・ロブレス、「完全なるチェックメイト」のロビン・ワイガートらが出演。

東京カウボーイのイメージ画像1 東京カウボーイのイメージ画像1 東京カウボーイのイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年6月7日
キャスト 監督マーク・マリオット
出演井浦新 ゴヤ・ロブレス 藤谷文子 ロビン・ワイガート 國村隼
配給 マジックアワー
制作国 アメリカ(2023)
上映時間 118分
公式サイト https://www.magichour.co.jp/tokyocowboy/

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「受け入れ、待つ、忍耐と言う愛で」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-06-24

これは、やられたと言う作品。

最後のシーンが、監督自身のやりたいことを井浦新さんが見事に体現してくれたのでは?

日本でも、その長短を教えてくれるのは、外の人間。

アメリカの良さを改めて教えてくれるのは、日本人の様に、外の人間。

井浦新のキャスティングは、お見事。

いそうなサラリーマン、何時しか、あなた誰?と皆から、その変容ぶりを指摘される。

作物も、子育ても、仕事も、

忍耐と言う待つ姿勢、受け入れる姿勢が大切。

それは、難しくも、大変でもない。

蒔いた種が実るのを待つように、ある程度の段階が必要だし、待たなければ、収穫できない。

何をやってるんだか、スマホ片手のサラリーマン、受け入れ、待つ姿勢は、どんな分野でも、例外はないのに、

相応しい、キャスティングを待つ、それも、作品には大切なのでしょう?

最終更新日:2024-07-13 02:00:02

広告を非表示にするには