青春ジャック 止められるか、俺たちを2 作品情報

せいしゅんじゃっくとめられるかおれたちをつー

青春ジャック  止められるか、俺たちを2のイメージ画像1

1980年代。熱くなることを恰好悪いとするシラケ世代が台頭し、ビデオの普及に伴い映画館から人々の足が遠のき始めていた。そんな流れから逆行するように、若松孝二は名古屋にミニシアター、シネマスコーレを作る。そして、結婚を機に東京の文芸坐を辞め、地元・名古屋でビデオカメラのセールスマンをやっていた木全純治を支配人に抜擢。若松に振り回されながらも、木全は持ち前の明るさで経済的な危機を乗り越えていった。そしてそこには、若者たちが吸い寄せられていった。まだ女性監督のほとんどいない中、金本法子は自分には撮りたいものなんか何もないと言いながらも映画から離れられない。映画監督になりたい一心で若松プロの門を叩いた井上淳一は、己の才能の無さを痛感しながらも、映画を諦めきれない。これからこれから、と木全が度々口にする言葉は、周囲を救った。涙も笑いも絶望も希望も、そこにはあった。

「青春ジャック 止められるか、俺たちを2」の解説

1969年を舞台に若松孝二監督が設立した若松プロダクションを描いた青春群像劇「止められるか、俺たちを」の続編。1980年代、ビデオが普及し始め映画館から人が遠のきだす中、それに逆行するように若松孝二は名古屋にシネマスコーレというミニシアターを作る。熱くなることが恰好悪いと思われていた1980年代を背景に、映画と映画館に吸い寄せられた若者たちの青春を描く。若松孝二監督に師事し、若松プロダクションにて助監督を務め、「戦争と一人の女」やドキュメンタリー「誰がために憲法はある」などを監督、「男たちの大和」「止められるか、俺たちを」など数々の作品の脚本を手がけてきた井上淳一が、本作の企画・脚本・監督を務める。若松孝二を前作から引き続き井浦新が、シネマスコーレの支配人に据えられる木全純治を「天上の花」の東出昌大が演じる。

青春ジャック  止められるか、俺たちを2のイメージ画像1 青春ジャック  止められるか、俺たちを2のイメージ画像1 青春ジャック  止められるか、俺たちを2のイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年3月15日
キャスト 監督井上淳一
出演井浦新 東出昌大 芋生悠 杉田雷麟 コムアイ 田中俊介 向里祐香 成田浬 吉岡睦雄 大西信満 タモト清嵐 山崎竜太郎 田中偉登 髙橋雄祐 碧木愛莉 笹岡ひなり 有森也実 田中要次 田口トモロヲ 門脇麦 田中麗奈 竹中直人
配給 若松プロダクション
制作国 日本(2023)
上映時間 119分
公式サイト http://www.wakamatsukoji.org/seishunjack/

(C)若松プロダクション

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ige」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2024-03-21

映画の制作と興行の2つの側面から映画愛を表現した作品。
本年度ベスト!!

映画作りや映画館の運営をリアルに表現していた感じの作品。
実話ベースと思わせる展開が素晴らしかった!

1980年代の名古屋が舞台。
当時の街並みや車、ファッションや音楽などで当時にタイムスリップした錯覚に陥る(笑)

井浦新さん演じる映画監督の若松が名古屋にミニシアターを作り、東出昌大さん演じるビデオカメラの営業の木全を支配人として招き入れる感じ。
その映画館に学生の井上と金本(芋生悠さん)がアルバイトで働く設定。

登場人物達の映画を愛する感じを全面に打ち出していて熱い!

特に監督の若松の熱量に圧倒される。井浦新さんの熱い演技が見所。

東出昌大さん演じる木全も熱い!
映画館の収入を上げる為に奔走する姿がリアル。

映画監督を目指す井上が要領悪くも笑えるキャラクター。

映画作りと映画館の運営の2つのストーリーが相まって満足度は高めの作品でした!

ミニシアターをもっと応援したくなりました( ´∀`)

最終更新日:2024-05-22 02:00:01

広告を非表示にするには