オールド・フォックス 11 歳の選択 作品情報

おーるどふぉっくすじゅういっさいのせんたく

オールド・フォックス 11 歳の選択のイメージ画像1

台北郊外に父(リウ・グァンティン)と二人で暮らすリャオジエ(バイ・ルンイン)は、コツコツと倹約しながら、いつか自分たちの家と店を手に入れることを夢見ていた。そんなある日、リャオジエは“腹黒いキツネ”と呼ばれる地主・シャ(アキオ・チェン)と出会う。優しくて誠実な父とは真逆で、生き抜くためには他人など関係ないと言い放つシャ。バブルで不動産の価格が高騰し、父子の夢が遠のいていくのを目の当たりにしたリャオジエの心は揺らぎ始める。図らずも、人生の選択を迫られたリャオジエが選んだ道とは……。

「オールド・フォックス 11 歳の選択」の解説

ホウ・シャオシェンが製作を務めたヒューマンドラマ。台北郊外に父と二人で暮らすリャオジエは、いつか自分たちの家と店を手に入れることを夢見ながら、倹約生活を送っていた。そんなある日、リャオジエは“腹黒いキツネ”と呼ばれる地主・シャと出会う。出演は「親愛なる君へ」のバイ・ルンイン、「1秒先の彼女」のリウ・グァンティン、「ほつれる」の門脇麦。監督はホウ・シャオシェン作品で助監督を務め、台湾ニューシネマの系譜を受け継ぐシャオ・ヤーチュエン。

オールド・フォックス 11 歳の選択のイメージ画像1 オールド・フォックス 11 歳の選択のイメージ画像1 オールド・フォックス 11 歳の選択のイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年6月14日
キャスト 監督シャオ・ヤーチュエン
出演バイ・ルンイン リウ・グァンティン アキオ・チェン ユージェニー・リウ 門脇麦
配給 東映ビデオ
制作国 台湾=日本(2023)
上映時間 112分
公式サイト https://oldfox11.com/

(C)2023 BIT PRODUCTION CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ige」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2024-06-17

人生の勝ち組と負け組の違いを見せつけられた作品。
本年度ベスト級。

妻に先立たれ11歳のリャオジエと2人で暮らし自分の床屋の店を開くのを夢見るタイライ。

お金を貯め3年後に床屋を開業する事を目標にする中、物価の高騰で実現が困難となった感じ。

そんな中、人生の勝ち組の地主のシャとリャオジエが出会う展開。
シャのあだ名は「腹黒いキツネ」

腹黒いシャがリャオジエに対して親身になっているシーンが不思議なんだけど、後に解る理由に納得。
シャと対等に会話する11歳のリャオジエの演技が素晴らしかった!

シェが名言と思える様なセリフを度々喋るけど全く自分には刺さらず(笑)
腹黒い人って普段は優しい姿で本当にわからない所で残酷な事をする感じが印象に残る。

予告編で本作はドロドロの人間ドラマと思いきや、優しさに包まれた感じの意外性が良かった。
良い人が沢山登場する中「チクル(密告)」と言う言葉がキーワード。

ラストの展開はナルホドって感じで落とし所としては無難だった感じ。

最終更新日:2024-07-19 02:00:02

広告を非表示にするには