システム・クラッシャー 作品情報

しすてむくらっしゃー

システム・クラッシャーのイメージ画像1

9歳の少女ベニー(へレナ・ツェンゲル)は幼少期に父親から受けたトラウマのせいで、手の付けようのない暴れん坊となっていた。その烈火のごとき怒りようのため、里親、グループホーム、特別支援学校など、どこに行っても問題を起こして追い出されてしまう。そんなベニーはただ、ママのもとに帰りたいと願っていた。しかし、母親はベニーに対して愛情を持ちながらも、どのように接していいのかわからず、施設に彼女を押し付け続ける。このままではベニーの居場所がどこにもなくなってしまうというとき、非暴力トレーナーのミヒャ(アルブレヒト・シュッフ)は、自分とベニーの二人だけで、森深くの山小屋で3週間の隔離療法を受けさせることを提案する。当初は文句を言い続けていたベニーは、徐々にミヒャへ心を開き始めていき……。

「システム・クラッシャー」の解説

社会に居場所を失った9歳の少女の姿を繊細かつ強烈に描き、ベルリン国際映画祭2冠を含む37冠を獲得したドラマ。幼少期に父親から受けたトラウマにより、手の付けようのない暴れん坊になったベニーは、預けられた施設で問題を起こして追い出されてしまう。監督は、本作が長編初監督となるノラ・フィングシャイト。出演は、ドラマ『この茫漠たる荒野で』のへレナ・ツェンゲル、ドラマ『西部戦線異状なし』のアルブレヒト・シュッフ、「白いリボン」のガブリエラ=マリア・シュマイデ。

システム・クラッシャーのイメージ画像1 システム・クラッシャーのイメージ画像1 システム・クラッシャーのイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年4月27日
キャスト 監督ノラ・フィングシャイト
出演ヘレナ・ツェンゲル アルブレヒト・シュッフ リザ・ハーグマイスター ガブリエラ=マリア・シュマイデ
配給 クレプスキュール フィルム(提供:クレプスキュール フィルム=シネマ サクセション/後援:ゲーテ・インスティトゥート東京)
制作国 ドイツ(2019)
上映時間 119分
公式サイト https://crasher.crepuscule-films.com/

(C) 2019 kineo Filmproduktion Peter Hartwig, Weydemann Bros. GmbH, Oma Inge Film UG (haftungsbeschränkt), ZDF

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「システム・クラッシャー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-07-20 02:00:02

広告を非表示にするには