夜明けのすべて 作品情報

よあけのすべて

夜明けのすべてのイメージ画像1

藤沢さん(上白石萌音)は月経前症候群(PMS)を抱えており、生理前になるとイライラを抑えることができなくなる。ある日、やる気がなさそうに見える同僚の山添くん(松村北斗)のちょっとした行動が引き金になり、藤沢さんは怒りを爆発させてしまう。一方、山添くんもまたパニック障害を抱え、心が思い通りにならず、電車など逃げ場のない場所に行けなくなってしまっており、様々なことを諦めて生きがいも気力も失っていた。少しずつ互いの事情と孤独を知り、友達とも恋人とも異なるどこか同志のような特別な気持ちが芽生えていく二人。職場の人たちの理解に支えられながら、二人は自分の症状は改善されなくても相手を助けることはできるのではないかと思うようになっていく。

「夜明けのすべて」の解説

『そして、バトンは渡された』の瀬尾まいこによる同名小説を、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の松村北斗と上白石萌音主演で映画化した人間ドラマ。月経前症候群の藤沢さんとパニック障害を抱える山添くんは、次第に互いを理解し、助け合っていく。監督は、第96回キネマ旬報ベスト・テン日本映画1位など4冠、第77回毎日映画コンクール日本映画大賞など5冠を獲得した「ケイコ 目を澄ませて」の三宅唱。「ケイコ 目を澄ませて」に続き月永雄太が16mmフィルムで撮影、生きづらさを抱えた藤沢さんと山添くんが互いに最高の理解者となり助け合う姿を映し出す。

夜明けのすべてのイメージ画像1 夜明けのすべてのイメージ画像1 夜明けのすべてのイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年2月9日
キャスト 監督三宅唱
原作瀬尾まいこ
出演松村北斗 上白石萌音 渋川清彦 芋生悠 藤間爽子 久保田磨希 足立智充 りょう 光石研
配給 バンダイナムコフィルムワークス=アスミック・エース
制作国 日本(2024)
上映時間 119分
公式サイト https://yoakenosubete-movie.asmik-ace.co.jp/

(C)瀬尾まいこ/2024「夜明けのすべて」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:4.33点★★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「Admix」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-02-18

障害の発症場面は、リアルに表現されていて、辛くてもらい泣きしたが、それから何かが起こるのでなく、主人公2人の生きづらさの、根幹として物語が始まる。
小さな職場で暖かい人達に見守られながら、お互いの生きづらさを理解し、手助けしあう。
障害を乗り越えて、母親の介護の道を選んだ藤沢さんの清々しい姿と、山添君が自転車をゆっくり漕ぎ始め、ただ、ただ走るシーンでは、閉ざした心の壁が徐々に剥がされていく姿の映像は圧巻でした。

最終更新日:2024-02-27 11:00:02

広告を非表示にするには