ナポレオン(2023) 感想・レビュー 3件

なぽれおん

総合評価5点、「ナポレオン(2023)」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「大岸弦」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-01-04

ナポレオン
映画館 OSシネマズミント神戸にて鑑賞 2024年1月1日
パンフレット入手

この作品は多くの時間と関係者によるエネルギー、お金がかかっており、登場する俳優の数に圧倒されます。
撮影カメラ11台集められたエキストラは8000人
あまりにも壮大なスケールであり、どこで撮影したのか、と思わず感動してしまいます。
パンフレットも美しいです。
このような作品を鑑賞できることは、幸せな事と感じ、関係各位、感謝いたします。

P.N.「ロマンティックエロ爺」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2023-12-09

こりゃ~怒る人でるよな~英雄の側面よりお前は犬か~馬か~とゆうピストンセックス、マザコン野郎ナポレオン!政治家、天才戦略家としての側面は薄い!配信の4時間バ-ジョンを観ないとそこは観れないのかな~リドスコ先生だからもっとバカな愚かな側面を観れるかも~映画版で怒った人を更に怒らせる作品になれば~と期待!

P.N.「愛の力、言葉の力、人の力」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2023-12-08

史実を愛の側面からリアリティー豊かに壮大に描く作品。

ざっくり、ナポレオンの半生をたどれるから、歴史的なお復習にもなる。

映画なので、多少のはしょりや脚色はあるが、ナポレオンとは、改めて、知れる。

如何に、ナポレオンの強運さが解る、多くの死者、あの状況で生き抜いた彼の半生。

フランス、そして、ジョセフィーヌへの愛の力、こまめにしたためる文の側面と観察力と人を取り込める力。

愛の国、フランスと言われるのも、彼からかも知れない?

彼の遺志を継ぐ凱旋門は、太陽のように、放射状に、今も、フランスを見守る。

人として生きたナポレオンの活躍した半生をリアリティー豊かに感じられます。

日本の戦国時代などもそうですが、女性は世継を産むと言う重い責任があっての地位、正室、側室との括りはなくとも、そのような時代背景あっての、愛、友情に似たモノがジョセフィーヌと歴史を紡いだナポレオンの人の力を知れる。又、彼の言葉の力(思考力)あってこそ。

始めに言葉あり、神は言われた光あれ。

最終更新日:2024-05-28 10:52:10

広告を非表示にするには