セイント・フランシス 作品情報

せいんとふらんしす

セイント・フランシスのイメージ画像1
セイント・フランシスのイメージ画像2

親友は結婚をして今では子どもの話に夢中。一方、うだつのあがらない日々に憂鬱感を抱える34歳独身のブリジット(ケリー・オサリヴァン)は、レストランの給仕として働いている。そんな彼女は、夏のナニー(子守り)の短期仕事を得るのに必死だった。自分では一生懸命生きているつもりだが、ことあるごとに周囲から歳相応の生活ができていない自分に向けられる同情的な視線が突き刺さる。ところが、ナニー先の6歳の少女フランシス(ラモーナ・エディス・ウィリアムズ)や、彼女の両親マヤ(チャリン・アルヴァレス)とアニー(リリー・モジェク)のレズビアンカップルとの出会いによって、ブリジットの人生に少しずつ変化の光が差してくる……。

「セイント・フランシス」の解説

ある独身女性の苦悩と揺れ動く心情を、ユーモアを交えて映し出すヒューマンドラマ。レストランの給仕として働き、うだつのあがらない日々を過ごす34歳のブリジット。だが6歳の少女フランシスや、彼女の両親であるレズビアンカップルと出会い、光が少し見えてくる。主役のブリジットを演じるのは、脚本も兼任するケリー・オサリヴァン。監督は、本作が初長編となるアレックス・トンプソン。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年8月19(金)ヒューマントラストシネマ有楽町,新宿武蔵野館,シネクイントほか全国ロードショー!公開予定
キャスト 監督アレックス・トンプソン
出演ケリー・オサリヴァン ラモーナ・エディス・ウィリアムズ チャーリン・アルヴァレス マックス・リプシッツ リリー・ モジェク 山田龍 ジム・トゥルー=フロスト マリー・ベス・フィッシャー フランシス・ギナン レベッカ・スペンス
配給 ハーク(配給協力:FLICKK)
制作国 アメリカ(2019)
上映時間 101分
公式サイト https://www.hark3.com/frances/

(C) 2019 SAINT FRANCES LLC ALL RIGHTS RESERVED

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「セイント・フランシス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-08-18 02:00:07

広告を非表示にするには