3653の旅 作品情報

さんぜんろっぴゃくごじゅうさんのたび

3653の旅のイメージ画像1
3653の旅のイメージ画像2

東日本大震災から 10 年。故郷石巻を離れ、埼玉のリフォーム会社に勤めている玲の気がかりは、部屋にこもりがちな幼なじみ・凪。玲は、凪を埼玉へ連れ出すため、同僚の祐太と石巻を訪れる。祐太が指令通り凪との仲を深める中で、玲は今も行方のわからない母と過ごした日々を思い出していく。玲と凪が抱く、それぞれの過去への向き合い方、それぞれの未来への向き合い方。そこに生じる二人の心の掛け違いが、あの日と今を引き寄せる。

「3653の旅」の解説

東日本大震災から 10 年後、埼玉と石巻で離れて暮らす幼馴染それぞれの過去との向き合い方、未来への一歩を描いた中編映画。監督は「愛のくだらない」が田辺・弁慶映画祭グランプリを受賞した野本梢。企画・プロデュースは、震災当時から復興事業に携わってきたリフォーム会社エイジア代表の稲村久美子。2019年に国内の映画祭にて 4 つのグランプリを含む 8 つの賞を受賞した短編映画「次は何に生まれましょうか」(主演:根矢涼香)以来の再タッグとなる。出演は岩手県出身の中村更紗のほか、「ボクらのホームパーティー」の卯ノ原圭吾。3653が何を意味するのか、一年365日の10年分なのか、震災がもたらした「長さ」や「重さ」にも思いを巡らせる作品。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年8月13日
キャスト 監督野本梢
出演中村更紗 二田絢乃 卯ノ原圭吾 鈴木達也 坂巻佑 多田浩志 稲村美桜子
制作国 日本(2021)
上映時間 42分
公式サイト https://asia-ina.com/movie/film/3653notabi/

(C)エイジアムービー

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「3653の旅」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-07-26 13:55:41

広告を非表示にするには