ボス・ベイビー 作品情報

ぼすべいびー

パパ(声:ジミー・キンメル)とママ(リサ・クドロー)と暮らす7歳のティム(マイルズ・バクシ)の元に弟としてやってきたのは、黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く赤ちゃん“ボス・ベイビー”(アレック・ボールドウィン)。見た目は赤ちゃんの彼だが、中身はおっさんだった。

「ボス・ベイビー」の解説

「怪盗グルー」のユニバーサル・スタジオと「シュレック」のドリームワークスが初タッグを組み、絵本『あかちゃん社長がやってきた』にインスパイアされたCGアニメ。両親と暮らす7歳のティムの元に、見た目は赤ちゃんだが中身はおっさんの弟がやってくる。監督は、「マダガスカル」シリーズのトム・マクグラス。声の出演は、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」のアレック・ボールドウィン。

ユニバーサルスタジオとドリームワークスの初タッグによるアニメ。7歳の少年ティムの家に、スーツとネクタイをしめた赤ちゃん、ボス・ベイビーが弟としてやってくる。見た目は赤ちゃんだが口が悪く人使いも荒いボス・ベイビーは、秘密の任務を抱えていた。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年3月21日
キャスト 監督トム・マクグラス
原作マーラ・フレイジー
出演(声)アレック・ボールドウィン マイルズ・バクシ ジミー・キンメル リサ・クドロー スティーブ・ブシェミ トビー・マグワイア ジェームズ・マクグラス ヴィヴィアン・イー
配給 東宝東和
制作国 アメリカ(2018)
上映時間 97分

(C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「ポン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-04-06

アメリカでの一斉公開は3月31日。2017年です! 一年以上経ってようやく(日本で)観賞出来ました。有難いことに《TOHOシネマズ梅田》では1日1回限りですが【字幕版】で上映しているとのことで出掛けてきました。毎度のことながら、吹き替えがダメとは言いません! 2回目見る時は地元の映画館でムロツヨシさんの声で楽しむとします。この映画アメリカ本国では「G指定」-誰もが見ることが出来ます。だから大人向けの内容であってもFワードはない。英語リスニングには役立つ。ユーモア、ジョーク表現も聞き取れる。私が字幕版にこだわるのはその部分の事と、できる限りオリジナル状態で観賞したいという気持ちが強いからである。作品は面白かったです!Alec Baldwinの声も良かったです!

最終更新日:2024-02-14 18:09:15

広告を非表示にするには