名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア) 作品情報

げきじょうばんめいたんていこなんじゅんこくのないとめあ

ある漆黒の夜、日本警察にスパイが侵入。イギリスのMI6、ドイツのBDN、アメリカのCIAなど各国の諜報機関、さらにはFBIの機密データを持ち出そうとするが、間一髪のところで安室透率いる公安が駆けつける。スパイは車を奪って逃走。高速道路で安室とのデッドヒートを繰り広げ、他の車も巻き込む大惨事になろうとしたその瞬間、スパイの車はFBI赤井秀一のライフル弾に撃ち抜かれ、道路の遥か下へ転落していった……。その翌日、コナン(声:高山みなみ)たちは、リニューアルしたばかりで大盛況の東都水族館へ遊びにきていた。その目玉となっている巨大観覧車の下で、コナンはケガをして独り佇む容姿端麗な女性を発見する。彼女は、左右の瞳の虹彩色が異なる通称“オッドアイ”の持ち主であった。しかし、自分の名前もわからないほどの記憶喪失状態で、所持していた携帯電話は壊れてしまっている。その記憶が戻るように手助けをすることを約束したコナンたちは、そのまま彼女と一緒に過ごすことに。だがその一部始終を、多くの未解決事件に関わる世界的規模の犯罪組織“黒ずくめの組織”のベルモットが陰で監視していた。やがてその場を後にしながら装着していたインカムで、コナンに毒薬を飲ませその体を小さくさせた冷酷な男・ジンと連絡を取りあうのであった……。

「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」の解説

「名探偵コナン」劇場版シリーズ第20作。機密データを狙うスパイが日本警察に侵入。それを契機に公安とFBI、コナンの体を小さくさせた犯罪組織“黒ずくめの組織”、そしてコナンと仲間たちが、裏切りと因縁を巡る四つ巴のバトルを繰り広げる。監督は、第15作「名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)」より6作連続で劇場版を手がける静野孔文。脚本は前作「名探偵コナン 業火の向日葵」に続き櫻井武晴が担当。声の出演は「魔女の宅急便」の高山みなみ、『夏色キセキ』の山崎和佳奈、『はじめの一歩』の小山力也。

人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版シリーズ第20作。遊びに来た水族館で、怪我をしている記憶喪失の女性を助けたコナンたち。“オッドアイ”と呼ばれる左右の瞳の色が異なる目を持つ彼女のため、壊れた携帯電話を手掛かりに過去の足取りを辿る。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年4月16日
キャスト 監督静野孔文
原作青山剛昌
出演(声)高山みなみ 山崎和佳奈 小山力也 山口勝平 天海祐希
配給 東宝
制作国 日本(2016)
上映時間 112分
TV放映 2023年9月22日 日本テレビ 金曜ロードショー

(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:4.89点★★★★☆、28件の投稿があります。

P.N.「りむりん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-03-05

最後少しウルッときてしまうような感動もあり、アクションもとてもすごいと思う!!

最終更新日:2024-05-28 10:51:29

広告を非表示にするには