宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 作品情報

うちゅうせんかんやまとにいちきゅうきゅうほしめぐるほこぶね

西暦2199年、地球から遠く離れた大マゼラン星雲にある惑星イスカンダルで汚染浄化システム、コスモリバースシステムを受け取り帰路につく宇宙戦艦ヤマトの前に、ガトランティスのグタバ遠征軍大都督率いる雷鳴のゴラン・ダガームが現れる。ダガームはヤマトの引渡しを要求。さらにガトランティスの最新兵器、火焔直撃砲という空間を超越するビーム兵器で攻撃をしかける。すんでのところでワープし退避したヤマトは、薄鈍色の異空間を彷徨う。さらに導かれるように謎の惑星へと向かっていくヤマト。古代(声:小野大輔)らが調査のため惑星に降り立つと、そこにあるはずのない艦を見つける。この惑星こそ、ダガームの探す宝の星だった。ヤマトを追跡するダガームは、邪魔なヤマトをあぶりだそうと火焔直撃砲の砲門を惑星に向ける……。

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」の解説

1974年からスタートしたテレビシリーズ『宇宙戦艦ヤマト』第1作をベースにスタッフを一新し制作された『宇宙戦艦ヤマト2199』の新作。西暦2199年、コスモリバースシステムを受領しイスカンダルから地球への帰還を急ぐヤマトとある宝の星を狙うガトランティスとの間に起きた熾烈な戦いを描く。総監督・脚本は「ラーゼフォン 多元変奏曲」の出渕裕。「涼宮ハルヒの消失」の小野大輔、「映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?」の桑島法子、「空の境界」シリーズの鈴村健一ら『宇宙戦艦ヤマト2199』シリーズの声優陣が集結。アニメーション制作は「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」のXEBEC。『宇宙戦艦ヤマト』放映開始40周年記念作品。

「日本で最もヤマトに詳しい」と自称する出渕裕が総監督の、古代進の視点でTVシリーズをたどる特別総集篇。目的地イスカンカンダルで〈コスモリバースシステム〉を受け取り帰路についたヤマトは、大マゼラン銀河外縁部で謎の機動部隊と遭遇する。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年12月6日
キャスト 監督出渕裕
原作西﨑義展
出演(声)小野大輔 桑島法子 鈴村健一 大塚芳忠 中村繪里子 菅生隆之
配給 松竹
制作国 日本(2014)
上映時間 112分

(C)西崎義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「nisihiro」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2015-02-08

旧ヤマトにこだわりのある人はこの作品におそらく納得しないんだろうなぁ~、この作品作っている人達もヤマトを見て育った人達なのに、私はこだわりはとうの昔に捨ててるので、この作品は好きです、シリーズ化しそうな気がするので期待してます、でも、旧作みたくだらだらやるのは勘弁

最終更新日:2024-05-28 10:51:36

広告を非表示にするには