機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に 作品情報

きどうせんしがんだむゆにこーんえぴそーどななにじのかなたに

地球連邦政府転覆の可能性を秘めた“ラプラスの箱”の在り処が遂に明らかになった。それは、全ての始まりの地であるスペースコロニー、インダストリアル7の巨大宇宙船“メガラニカ”だった。ビスト財団当主代行のマーサ・ビスト・カーバイン(声:塩田朋子)は、財団の権益を保持すべく、地球連邦政府中枢を担う移民問題評議会議長ローナン・マーセナス(声:小川真司)と、甥のアルベルト・ビスト(声:高木渉)を伴ってシャイアン基地に直行、事態の収拾を図ろうとする。一方、バナージ・リンクス(声:内山昂輝)は“ラプラスの箱”を奪取しようと先行したフル・フロンタル(声:池田秀一)を追ってインダストリアル7へ急ぐ。だがその前に、モビルスーツ、バンシィ・ノルンに搭乗したリディ・マーセナス(声:浪川大輔)と、アンジェロ・ザウパー(声:柿原徹也)のローゼン・ズールが立ち塞がる。“ラプラスの箱”の守り人、サイアムが待つメガラニカに到達する者は果たして誰なのか……?

「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に」の解説

「人類資金」などで知られる作家、福井晴敏が『機動戦士ガンダム』の世界観を背景に執筆したSF小説を映像化したアニメーションシリーズ完結編。地球連邦政府転覆の可能性を秘めた“ラプラスの箱”を巡る戦いが決着を迎える。声の出演は『ピンポン THE ANIMATION』の内山昂輝、『機動戦士ガンダム』の池田秀一。

福井晴敏の原作小説をアニメ化した『機動戦士ガンダムUC』のシリーズ最終章。地球連邦政府転覆の可能性を秘めた“ラプラスの箱”のありかが、事件の始まりの地・インダストリアル7のメガラニカであることが判明。バナージは箱の奪取に向かう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年5月17日
キャスト 監督古橋一浩
原作矢立肇 富野由悠季
出演(声)内山昂輝 藤村歩 下野紘 戸松遥 浪川大輔 豊口めぐみ 甲斐田裕子 池田秀一 柿原徹也 手塚秀彰 菅生隆之 永井一郎 高木渉 小山力也 東地宏樹 成田剣 伊瀬茉莉也
配給 松竹
制作国 日本(2014)
上映時間 90分

(C)創通・サンライズ

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-04-30 18:12:59

広告を非表示にするには