麦の穂をゆらす風 作品情報

むぎのほをゆらすて

アイルランド、1920年。イギリスの支配に対抗しようと、アイルランド独立を求める人々の動きは徐々に高まりを見せていた。それに対してイギリスからは武装警察隊が送り込まれ、理不尽な暴力を人々に振るっていた。暴力に屈しない若者たちが次々に殺されていく。ロンドンで病院の仕事が決まっていたデミアン(キリアン・マーフィー)だが、出発の当日、列車の運転士たちが、無理やり乗り込もうとするイギリス兵たちを断固として拒否した姿を見て戦いに加わる決心をした。闘士たちのリーダー格はデミアンの兄・テディ(ポードリック・ディレーニー)だ。敵に拷問を受けても仲間を裏切ろうとしないテディ。そして戦いの中で再会したあの列車の運転士ダン。闘志を貫く仲間たちの中でデミアンもまた、己の使命に目覚めていく。ゲリラ戦は功を奏し、ついにイギリスは停戦を申し入れた。喜ぶデミアンたち。しかし講和条約は依然としてイギリスに都合のいいものだった。アイルランドの中で条約に賛成する者と反対する者に分かれて対立が始まった。それはやがてアイルランド人同志が戦う内戦へと向かってしまう。条約に賛成する兄・テディは政府軍へ、完全な自由を求めて条約に反対する弟・デミアンは再びゲリラ活動へ。兄弟もいつの間にか敵対する立場になっていた。その戦いの中でついにデミアンが政府軍に囚われてしまう。テディは仲間の居場所と武器のありかを喋るようにデミアンを促すが、デミアンは断固として味方を売ることを拒否するのだった。テディは本心とは裏腹にデミアンに処刑を告げざるを得なかった。そして銃殺の時が来た。動揺に身を震わせながら銃撃を命ずるテディ。崩れ落ちたデミアンの亡骸を抱きしめてテディは激しく泣きじゃくった。テディがデミアンの妻・シネードに夫の死を告げにいく。それを聞いたシネードは、もう二度と顔を見せるなと泣き叫び、テディを激しく撥ねつける。

「麦の穂をゆらす風」の解説

アイルランド独立戦争から内戦に至る歴史の中で生まれた悲劇を描く人間ドラマ。監督はイギリス映画界の至宝ケン・ローチ(「大地と自由」)。主演は映画の舞台であるアイルランド出身のキリアン・マーフィー(「バットマン・ビギンズ」)。2006年度カンヌ映画祭の最高賞・パルムドールを受賞している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年11月18日
キャスト 監督ケン・ローチ
出演キリアン・マーフィ ポードリック・ディレーニー リーアム・カニンガム オーラ・フィッツジェラルド メアリー・リオドン メアリー・マーフィ ローレンス・バリー デミアン・カーニー マイルス・ホーガン マーティン・ルーシー シェイン・ケーシー ジョン・クリーン マーティン・ド・コガン ジェラルド・カーニー シェイン・ノット Kevin O'Brien ウィリアム・ルアン ペギー・リンチ ロジャー・アラム サブリナ・バリー フィオナ・ロートン キアラン・アハーン クレア・ディニーン コリーナ・ゴッホ トマス・オヘーリー デニス・コンウェイ バリー・ルーニー コニー・オコネル アーニャ・オコナー フランシス・オコナー パダル・オリアダ ニール・ブランド アラン・レディ トム・シャーノック
配給 シネカノン
制作国 アイルランド イギリス ドイツ イタリア スペイン(2006)
上映時間 126分
公式サイト http://www.muginoho.jp/

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「グスタフ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2019-09-28

1920年のアイルランド独立戦争と条約の評価で二分した内戦を描いたケン・ローチの傑作。ローチの冷静で真摯な視点が、劇的事件に翻弄される人間を感情移入せず、また飾り気なく描いてリアリズム表現を貫徹する。「ライアンの娘」のデビット・リーン監督のような感情の振幅をドラマチックに描く演出ではなく、時代を伺わせるような、張り詰めた緊張感が勝る演出がローチらしい。
「バットマン」で注目したキリアン・マーフィーの演技が素晴らしい。日本語タイトルが昔の付け方みたいのと麦畑で振り向くマーフィーのスチールカットが印象的。

最終更新日:2024-06-20 16:00:02

広告を非表示にするには