学校(1993) 作品情報

がっこう

下町の一角にある夜間中学の教師・黒井は、卒業式も近づいたある日、卒業記念文集のための作文の授業を行う。原稿用紙にそれぞれの思いを綴る様々な職業、年齢の生徒たちの横顔を見ながら、黒井は彼らとの思い出を振り返る。孫もいる年になって入学してきた在日韓国人の女性・オモニ。髪の毛を染めたツッパリ少女・みどり。昼間は肉体労働に励む少年・カズ。父は中国人、母は日本人で五年前に中国から移住してきた青年・張。自閉症で登校拒否児だったえり子……。やがて給食の時間に、クラスの一員・イノさんが死んだという悲しい知らせが届く。突然の訃報に悲しむ黒井と生徒たちは、食後のホームルームの時間、イノさんの思い出を語り始める。不幸な生い立ちとその後の苦労、田島先生への恋心。そして突然病に倒れ、故郷の山形へ帰ったきり帰らぬ人となったこと。イノさんの人生を語り合ううち、いつしか黒井と生徒たちは人間の幸福について話し合うようになっていった。生徒と先生が汗を流して語り合う、これこそ授業だと確信する黒井先生に応えるかのように、えり子が、自分も夜間学校の先生になる、そしてこの場所に戻ってくる、と決意を語る。外はいつしか雪になっていた。

「学校(1993)」の解説

東京・下町にある夜間中学校を舞台に、様々な境遇を持つ生徒たちと先生との交流を描くドラマ。監督・脚本は「男はつらいよ 寅次郎の青春」の山田洋次で、彼の十五年来暖めていた企画の映画化。脚本は山田と「スペインからの手紙 ベンポスタの子どもたち」の朝間義隆の共同。撮影は「男はつらいよ 寅次郎の青春」の高羽哲夫と「夢の女」の長沼六男の共同。キネマ旬報ベストテン第六位。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 1993年11月6日
キャスト 監督山田洋次
出演西田敏行 竹下景子 萩原聖人 中江有里 新屋英子 翁華栄 神戸浩 裕木奈江 渥美清 大江千里 笹野高史 大和田伸也 園佳也子 坂上二郎 すまけい 小倉久寛 浅利香津代 田中邦衛
配給 松竹
制作国 日本(1993)
上映時間 128分

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:4.67点★★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「オーウェン」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2024-06-01

この「学校」は山田洋次監督の念願作で、東京の下町の夜間中学の熱血教師と、世代も国籍も異なる7人の教え子たちとのヒューマン・ドラマ。
テレ臭くなるほど真面目で一途な内容だが、それぞれにクセのある人物が織りなす笑いが、ふんだんに盛り込まれていて、泣かずにはいられない場面もある。
時代や家庭、社会や教育の現場から、様々な事情ではみ出した彼らが、夜間中学という教育の現場で、活き活きと学ぶ(遊ぶ)さまは、感心するし、尚且つ、面白いのだ。
ただ、西田敏行の熱血先生が、独り寂しく故郷で病死した、田中邦衛の不幸な人生と彼の思い出を語った後、いきなり正面きって、幸福ってどういうことなのだろうと切り出したのには、正直、唖然とした。

最終更新日:2024-06-11 16:00:02

広告を非表示にするには